ここから本文です

最後の人 (1924)

DER LETZTE MANN

監督
F・W・ムルナウ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 47

3.94 / 評価:18件

独逸サイレント映画の実力開花!

  • bakeneko さん
  • 2008年12月27日 0時25分
  • 閲覧数 318
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

エミール・ヤニングスのベスト演技の一つであり、F・W・ムルナウの凄まじい演出が光る端正な傑作であります。
物語はシンプルですが、有名な“キャメラを持って語れ”の言葉に示されるように、
徹底して“絵”で見せることにこだわった作劇は、痛いほどの緊迫感と集中を感じさせて圧巻であります。
エミール・ヤニングスの見事な演技とマリー・デルシャフトの可愛らしさ等、演技陣も見所満載ですが、多くの実験的手法も含めた映像の的確さと奇抜さは、観客を物語に強烈に引きつけて離しません。
そして、描かれるテーマと自然主義的な展開は、特に現在の(娯楽第一主義的商業)映画が失ったものである事も注目すべきところであります。
映画が文学以上の“自然主義的芸術性”を独自の技法を駆使して獲得しようと頑張っていた頃の傑作で、その力強さは必見であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ