ここから本文です

最後の人 (1924)

DER LETZTE MANN

監督
F・W・ムルナウ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 47

3.94 / 評価:18件

地下へ

  • 文字読み さん
  • 2009年1月25日 21時47分
  • 閲覧数 387
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

1924年。F・W・ムルナウ監督。高級ホテルの威厳あるドアマンが降格されてトイレ係りに。その日は姪の結婚式だった。制服で周囲に認められていた男は、それを脱ぐことができずに、、、という話。妻子もなく仕事以外に支えのない孤独な男が最後の支えを取りさられるという身に詰まるお話を、サイレントなのに字幕なしで、カットとズームでわかりやすく描いています。義理の妹(らしき女性)にみつかった時の切り返しショット!

ホテルのトイレは地下にあり、客のためにタオルを用意し、身だしなみを整え、靴まで磨く。ドアマンからトイレ係りへの降格は、ただ制服を着られないだけではなくて、見える場所から見えない場所へ、表の世界を支える裏の世界への降格でもありました。

透明な回転ドア。透明なトイレ入口のドアとその奥のくもりガラス。結婚式を祝う人影を映す夜の窓。錯乱した主人公がみる歪んだ映像。モダニティの時代にふさわしい、いろんな「視覚」を駆使した映像が楽しめます。そしてもちろん、夜の道路は濡れている!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ