ここから本文です

最後の人 (1924)

DER LETZTE MANN

監督
F・W・ムルナウ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 47

3.94 / 評価:18件

失われた職務と誇り

  • 一人旅 さん
  • 2014年7月6日 17時58分
  • 閲覧数 551
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

F・W・ムルナウ監督作。

ホテルで長年働いている老齢のドアマン。ホテルの支配人は、疲れてイスで休んでいるドアマンの姿を見て、清掃係への異動を命じる・・・。
ドアマンは自身の仕事に対して誇りを持っている。制服を着用した時のドアマンの表情は自信に満ち溢れていて、歩き方も威風堂々としている。
しかしドアマンをクビになった後、トイレの床を磨く男の表情は悲痛すぎるものだった。
後任の若いドアマンの働きぶりを見て、さらに落ち込んでしまうのだ。
男にとってドアマンとしての仕事が人生の全てだったから、それが奪われたことは何よりも悲しいようだった。
悲惨な物語だが、映画の最後では男への救済ともいえるエピソードが挿入されている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ