レビュー一覧に戻る
真夜中のサバナ

真夜中のサバナ

MIDNIGHT IN THE GARDEN OF GOOD AND EVIL

155

kun********

3.0

異質奇妙な人々

流れは法廷劇。 ネタも有り、それが使われる時の快感を感じる事は出来る。 主眼は其れじゃなく、マイノリティの奇妙な雰囲気を表現したかったのだと 思う。 黒人の太ったおばさんの祈祷師が暗闇でも日中でもサングラスしてる。 死人とコンタクトが出来、先々が読め、したがって、薄ら笑いを浮かべてる。 その意味するところは 雰囲気作りでしょうね。 なんかありそうだけど、監督に真意を聞けばご想像にと逃げるか、ひと理屈有るか?判らないみたいな。 監督の実の娘が美しいが、 それは気味の悪い世界との対比でしょうね。 これが愛する美しい人だ みたいな事でしょうね。 根っからの保守で、マイノリティを肯定した話とは思えなかった。

閲覧数772