レビュー一覧に戻る
オスカーとルシンダ

オスカーとルシンダ

OSCAR AND LUCINDA

133

いやよセブン

3.0

最後の賭け

オスカー(レイフ・ファインズ)は賭け事が大好きで、人生すらその時々にて、賭の結果に従ってきた。 オックスフォードを卒業後、牧師としてオーストラリアにやってきた。 ルシンダ(ケイト・ブランシェット)は親の遺産でオーストラリアにてガラス工場を買収、まわりからのひんしゅくをはねのけ、博打を楽しんでいた。 こんな二人が出会い、恋に落ちるのだが・・・。 大河ドラマの雰囲気だが、残念なことに一本調子で、メリハリに欠けるため少し退屈になる。 いろんな話が出てくるのだが未消化で何故?どうして?というシーンが多い。 脚本段階でもっと切り捨てていればと思う。

閲覧数689