ここから本文です

ツイン・タウン (1997)

TWIN TOWN

監督
ケヴィン・アレン
  • みたいムービー 16
  • みたログ 84

2.93 / 評価:15件

実生活でも映画でも双子ではないけど兄弟!

  • hoshi595 さん
  • 2010年1月11日 4時15分
  • 閲覧数 615
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

実の兄弟であるリス・エヴァンスとリル・エヴァンズが
主役の映画である。一字違いと思われた方は、もう一度
良く見て欲しい。兄のリスは10歳の時にウェールズ語
風に改名してエヴァンスだが、弟のリルはエヴァンズの
ままなのだ。

面白いのは、映画の中でも実生活でも双子の様に見えて
双子ではない事。とにかく息の合った兄弟を演じている
のだが、弟のリルは本作品でデビューに対して兄のリス
は経験という点では先輩になる。

物語は、ウェールズの田舎町が舞台。良くも悪くも同じ
顔ぶれと同じ光景で、中にはどこか新しい場所へ行って
田舎町の生活から抜け出したいと考える人間もいる、
良くあるパターンが背景になっている。

監督は、本作品が劇映画デビューのケヴィン・アレン
だが、製作総指揮に「トレインスポッティング」の監督
を務めたダニー・ボイルが名を連ねている。だから
という訳ではないだろうが、本作品でもドラッグが多く
登場する。

共演では、「M:I-2」でトム・クルーズと共演した
ダグレイ・スコットの存在感が圧倒的だ。同僚のグレヨ
に扮するドリエン・トーマスも良い味を出しているし、
憎まれ役のブリンに扮するウィリアム・トーマスなど、
脇を固める俳優も決して悪くはないのだが、やはり、
主役の兄弟がユニークで面白い。

しかし、この映画のテーマは何だろう?
”目には目を”が変じて”犬には犬を”ではないだろうが
些細な事から大事件に発展する”連鎖”が軸になっている
事は間違いない。

その過程と結末を楽しむ娯楽映画にしては、ちょっと
薄っぺらな気がする。「007/ダイヤモンドは永遠に」で
登場した二人組の殺し屋風な雰囲気が出ていて、ブラック・
コメディと言われれば、そうなのかもしれない。

そうそう、もう一人でなく、一匹の”カントナ”という犬
も出演している。副題に”カントナ危機一髪”と付ければ
後で映画の内容を思い出しやすくなるかもしれない・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 絶望的
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ