ここから本文です

ホーム・アローン3 (1998)

HOME ALONE 3

監督
ラージャ・ゴスネル
  • みたいムービー 37
  • みたログ 2,142

3.35 / 評価:473件

ナニゲにスカーレット・ヨハンソン。

  • tengu3711 さん
  • 2010年4月19日 13時05分
  • 閲覧数 1845
  • 役立ち度 22
    • 総合評価
    • ★★★★★

どーも、渋谷センター街の裏道で、真昼間から、しゃがんで、

二人して泣いてるカップル発見!!なんじゃ、アレは・・・

なんか、二人して向き合ってサメザメ泣いているのだった。

カツアゲか?家出か?円山町行く途中で金落としたか?

まぁ、しかし、誰も声掛ける人は、いませんな・・・流石、都会です。

最近は、「電車賃持ってなくて・・・500円恵んで貰えませんか?」とか、

「初めて渋谷出て来て、財布失くしちゃって・・・」なんて、同情詐欺が

結構、多くて、ウチの会社でも主任が池袋で(しかも交番の前で)3000円やられてます。

この詐欺の特徴は、「高額」では、ないところ。

他人様の「同情心」にクスグリをかけるトコですな。

心と、お金にゆとりの無い方は、御用心くだされ!


さて「御用心」と言えば、「ホームアローン3」

いたずら小僧が、「悪党たち」をこらしめる「痛快」シリーズですな。

子供が、子供のオモチャを使って大人達を、てんてこ舞いさせる。

そこが「見どころ」の映画です。

1と2は、カルキン君が家を守るため、あの手この手で泥棒達をトッチメル。

ジョーペシと、ダニエル・スターンのリアクションが、最高でしたよね。

まぁ、実写版「トムとジェリー」みたいなモンです。


今回の相手は国際的テロリスト集団。

主役も、カルキン君ではない子役。

ナニゲに、お姉さん役でスカーレット・ヨハンソンが出ていてビックリ!

こういう時、お父さんは、少しヘコムんだよね。

その映画を観た時の事を想い出し、

「つい、この間の映画だよなぁ・・・」

なんて思ってたら、なんと、今をときめく女優さんが、「子供」の時代・・・

お父さん、時の流れの速さを実感する・・・の巻。


「・・・って事は、スカーレットって、「娘」でもオカシクないんだ・・・」

お父さんの心の中に・・・何やら「すきま風」・・いいさ、それでも、生きてさ~~~

そういや、ディカプリオも、「クリッター」に出てたっけ・・・(*_*)


脚本は、今は亡きジョン・ヒューズ。

今回は、ダイの大人が、4人もいて、コテンパンにやられます。

オモシロイ!スピード感もあって、飽きさせません。

なんつーか、俺、こーゆう「笑い」好きなんだよね・・・どSだから・・・


ケツに火がついたり、ケツが破れたり、氷のプールに飛び込んだり・・・

完全に「バラエティ」のノリなんだけど、やっぱ、笑っちゃうよな。

その映像だけで笑えるってのが、いいよね。

お馴染、お約束の展開だけど、オモシロければ、それで良し!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • パニック
  • 勇敢
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ