ここから本文です

カリブは最高! (1997)

OUT TO SEA

監督
マーサ・クーリッジ
  • みたいムービー 2
  • みたログ 25

3.67 / 評価:9件

豪華クルーズを舞台に交差する虚実の物語!

  • hoshi595 さん
  • 2019年10月18日 3時14分
  • 閲覧数 74
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「おかしな二人」で共演したジャック・レモンとウォルター・マッソーによるハートフル・コメディ。共演は、「喝采の陰で」でアル・パチーノと共演したダイアン・キャノン。と来れば楽しいコメディを期待してしまうが、二人のベテラン俳優競演は晩年の哀愁が漂い笑ってばかりはいられない。

物語は、脳天気なチャーリーに扮するウォルター・マッソー主導で、義弟ハーブに扮するジャック・レモンが追随する形で展開する。舞台は、豪華客船なのだが、金欠の二人は普通の乗客ではなく、ドタバタ劇が始まる。初老の男が若い女性にもてたり、競馬で損してばかりなのにポーカーが強かったりはご愛敬!

登場人物は多彩で、「モダン・タイムス」で映画デビューのグローリア・デ・ヘヴン、TVシリーズ「新スタートレック」のデータ少佐役で知られるブレント・スパイナー、「オータム・イン・ニューヨーク」でリチャード・ギアと共演したエレイン・ストリッチ、そして「雨に唄えば」でジーン・ケリーと共演したドナルド・オコナーなどなど・・・

「アパートの鍵貸します」や「あなただけ今晩は」で、シャーリー・マクレーンと共演していた頃の絶頂期のジャック・レモンを知る人には複雑な心境になる映画。晩年の活躍は立派でファンならば快く応援したくなるが、映画の完成度は今一つである。心温まる物語の筈が寂しい気持ちになるのは誰も止められない。

本作品の後、「おかしな二人2」が最後の共演となり、「電話で抱きしめて」が遺作で2000年にウォルター・マッソーが、「バガー・ヴァンスの伝説」を遺作に2001年にジャック・レモンが後を追うように亡くなっている。きっと天国でも名コンビぶりを発揮して神様たちを笑わしているに違いない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ