レビュー一覧に戻る
プライベート・ライアン

プライベート・ライアン

SAVING PRIVATE RYAN

170

tat********

5.0

言わずと知れた名作。

最初の上陸シーンを始め、戦闘シーンの凄まじさにスピルバーグの力量を感じる。そして、それほどの激戦を生き延びてきた8人に、会ったこともないライアン2等兵を敵地奥深く入って救出せよと言う理不尽な命令。 それを痛いほど分かっていながら「胸を張って女房のところに帰るために」その作戦を遂行するミラー大尉の勇敢さと高潔さ。隊員たちを格好よく引っ張るわけではないが、自らの勇気と姿勢で部下を引きつけてやまない。 肝心のライアン2等兵もマット・デイモンのお陰で何か助けたくなるキャラになっていて、やはり、何度見ても魅入られてしまう屈指の戦争映画である。 隊員達のキャラクター設定や最後のドイツ戦車隊との決戦のシーンが、いかにも「七人の侍」を彷彿とさせるところがあって、それも嬉しい。

閲覧数2,239