レビュー一覧に戻る
プライベート・ライアン

プライベート・ライアン

SAVING PRIVATE RYAN

170

ike********

5.0

ネタバレノルマンディ上陸作戦と巨匠スピルバーグ

もう何回見たか分からない映画です。 何度見ても素晴らしい映画。 登場人物のキャラ設定が魅力的すぎる。 自信家で信心深いスナイパー。 母親に優しくしてあげられなかったことに後悔する衛生兵。 正義感の強い通訳。 いい加減そうに見えるけど世話焼きのユダヤ人。 頭の弱そうなおしゃべりクソヤロウ。 トムハンクス演じる大尉に忠誠心を抱く小太りの軍曹。 仲間を殺した敵兵にすら情を抱き、逃がそうとする通訳に対しては、何度も見ているのに心が痛む。 捕虜を殺さなかったことは間違いではないはず。 ただ、弾薬を欲しがっている仲間のところへ、すぐ駆けつけてあげられなかった心の弱さが、見ていて苦しかった。 あのライアン救出部隊で生きていたのは、おしゃべりクソヤロウと通訳だけだった。 戦争映画は、たくさん見てきたけど、第二次世界大戦を描く映画としては一番好きです。 二番目は『日本のいちばん長い夏』 三番目は『この世界の片隅に』 戦争映画でありがちな、がちでドキュメンタリーな仕上がりの映画は、勉強にはなるけど、何度も見てみようとは思えないから、ランク外になっちゃう。

閲覧数1,988