ここから本文です

CUBE (1997)

CUBE

監督
ヴィンチェンゾ・ナタリ
  • みたいムービー 352
  • みたログ 5,506

3.79 / 評価:1534件

「面白い」には種類があって

  • trmkajtna さん
  • 2021年11月1日 12時50分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画の面白さは
趣があるとか味があるとかの「いとをかし」的な面白さだと思う


昔はこのビデオで監督短編の「エレベイテッド」が観れたのもいとをかし





初めて観たのは子どものときで、
それから20年近く経って改めて観たけど、
当時の記憶の再現度が高くて
思ってたシーンが思ってた通りに映された

そのぐらい初見のときのインパクトが強くて
1シーン、1シーンが脳裏に鮮明に焼き付いていました


それは、あげたらキリがないほど

冒頭のサイの目状はもちろん、
靴を投げ入れて確認するとことか
脱獄犯の顔がぐちゃぐちゃになるとことか
音出したら罠が発動する部屋とか
CUBEの外壁とか素数とか
登場人物の最後とか


特にカザンが光の中へ歩いていくシーンは印象深い
美しい画だと思う





斬新なシチュエーションと、
いつ誰が犠牲になるか分からない怖さ
スタイリッシュなCUBEの内装


1人がここは大丈夫!って言いながら笑顔で次の部屋に踏み込む度に、罠が発動するんじゃ?!ってハラハラしてたなぁ
フラグだもん




SNSもない時代にレンタルビデオ屋でひっそりとコアなファンを増やしていったB級映画なので、今のハイテンポなホラー・サスペンス系の脚本と比較されるのは酷かもしれない


今の自分では警官と医師の会話のシーンは冗長に感じるけど、昔はどの映画もこのくらいのテンポだった気がする





なにはともあれ
20年近く経っているのに、
寸分違わずはっきりと記憶しているシーンがいくつもある
しかもB級映画で

そしてそれはこの先もきっと
いや絶対忘れないと思う


そんな映画って面白いと思うのだ

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ