ここから本文です

TOKYO EYES (1998)

TOKYO EYES

監督
ジャン=ピエール・リモザン
  • みたいムービー 15
  • みたログ 86

3.71 / 評価:28件

雰囲気映画

  • jpc******** さん
  • 2010年2月1日 21時16分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

不可解な事件を起こして、世間を騒がしている『K』と、刑事の妹『ヒナノ』とのちょっと危険な恋の話。
ストーリーは、ありそうで、無さそうな、ちょっと不思議な話。
 
日本で撮って、日本人の俳優を使っているのに、何だが日本じゃないみたいだ。
スタッフが日本人じゃないだけで、こうまで違うものなのだろうか。
違うものなのだろうな。
日本に住んでいるというだけで、僕らは日本という固定概念に縛られてしまっているんだろう。
日本という狭い価値観の中で生きてしまっているのだろうな。
 
その、日本だけど、日本じゃない感じ。
話がどうとか書く前に、それだけで僕は楽しめた。


そして、『K』の苦悩が切ない。
あの、無視すればいいことを、どうしても無視することができない部分。
見て見ぬふりをすべきことが、見て見ぬふりができないのだ。
そして最後には罪の報いが、自分に返ってくる。
 
これって、素の吉川ひなのじゃないの?と感じられるくらい演出が自然だし、音楽、台詞もオシャレで、そんなこの映画の雰囲気が、僕はすきだな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ