ネネットとボニ

NENETTE ET BONI/NENETTE AND BONI

103
ネネットとボニ
3.9

/ 7

14%
71%
0%
14%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

悲しい10.0%かっこいい10.0%セクシー10.0%勇敢10.0%不思議10.0%

  • let********

    5.0

    地球最後の日に観る映画の1本

    なんだか夢を見ているような感覚。心地いい肌触りのよいしっとりとした高級感のある生地で自分のトゲトゲした部分を気持よく優しく包んでくれるような映画というか、見終わった後にも、この映画を思い出すといつも心が穏やかな気分になる不思議な魅力のある映画です。 ヴィム・ヴェンダースは、クレール・ドゥニの前作「パリ、18区、夜。」に対して「地球があと24時間でなくなるとしたら、最後に観る映画の1本は間違いなくこの作品である。」と言ったらしいですが、僕ならこの映画かもしれない。

  • ryo

    4.0

    少女漫画チックです

    主人公のピザ屋の青年がパン屋の女房を想像しつつピザ生地をこねまわす毎日を送っていたのですが、そこに寄宿学校に入っていた妹が妊娠して戻ってきます。 しかしコメディでは無くあくまで主人公視点の物語なので困ったなあ、的な淡々とした静かさで物語が進んでいきます。 女性監督らしい少女漫画風の作品です。 女性にも男性にもオススメ。 パン屋の主人役のギャロが格好イイです。 台詞無かったよね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ネネットとボニ

原題
NENETTE ET BONI/NENETTE AND BONI

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-

ジャンル