ここから本文です

マイ・フレンド・メモリー (1998)

THE MIGHTY

監督
ピーター・チェルソム
  • みたいムービー 119
  • みたログ 936

4.06 / 評価:158件

このピュアな感覚

  • T-800 さん
  • 2007年6月9日 17時46分
  • 閲覧数 357
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

惜しいもうちょっとだけ人物がうまく使えたらもっと良くなったのに。

ジーナ・ローランズとシャロン・ストーンという

ふたりの『グロリア』の共演はファンにはうれしい。

『エイリアン』でネコを探しに行って殺される人がじいちゃん役。



カラダだけは大きいが家庭にも恵まれず、頭が弱い少年マックス。

その隣にキレイなお母さんを持つ難病を抱えた少年ケビンが引っ越して

来る。

お互いに無いものを見出した少年たちは意気投合。

いくつかのちょっとした冒険もあって、楽しく過ごす。

しかしケビンの難病は静かに進み、ついに倒れる。



彼はマックスに本をやる。

真っ白な本。

「中身は君が書くんだ」

そう言ったケビンは、夜、亡くなってしまう。



橋の上、肩車をしたふたりの少年の脇を中世のナイトが固める。

羽ばたきして飛ぶ鳥の模型を見上げる現代の少年と

その精神世界の住人であるナイトたちが、同じものを森の上に見上げ

る・・・。

このピュアな感覚。



あこがれはアーサー王の伝説。

少年から青年になる、はじめて出会うほろ苦い思い。



負け惜しみなんかじゃない。

人生なんてものは少々モタついた方が

ずっと深く、その味が噛み締められるのだと、思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ