ここから本文です

ベルベット・ゴールドマイン (1998)

VELVET GOLDMINE

監督
トッド・ヘインズ
  • みたいムービー 159
  • みたログ 927

3.69 / 評価:174件

グラム・ロックの愛と青春

  • マキヲ さん
  • 2008年11月9日 18時18分
  • 閲覧数 748
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ベルベット・ゴールドマイン」は、他に属するジャンルが無いような、不思議な映画だ。
音楽映画のような、青春映画のような、ミステリーのような、恋愛映画。
1970年代のグラムロック、その真っ只中の「リアル」を描いたドキュメンタリーでもある。

グラムロックに青春を捧げた若者たちのド派手な衣装、メイク、過激なパフォーマンス、
そしてどこか退廃的な、刹那的な生き方に、ちょっと引いてしまう一方、
実話かと思わせるような展開が、最後まできっちり練られていて、惹きこまれる。

ブライアン(ジョナサン・リース=マイヤーズ)とカート(ユアン・マクレガー)の関係が、
美しく、儚く、胸が苦しくなるほど切ない。
あの「目の中にハートが燃え上がる」演出は最高にイイ!(笑)

ライブシーンも圧巻で、また観たくなる、カッコよくて煌びやかで不思議な魅力の映画です。
オオカミに扮して煙突に消えるユアンは個人的に彼の最高(Prettiest)シーンだわ♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 切ない
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ