レビュー一覧に戻る
ワイルドシングス

ワイルドシングス

WILD THINGS

108

fg9********

3.0

そんなに捻らなくてもいいんじゃないの?

 …今から20年近くも前の1998年の作品だ。  …あらすじは、解説のとおり。  …女子校生のケリーは、友人のスージーと一緒に憧れの先生・サム(マット・ディロン)の自宅を訪ねてモーションをかけるものの、全然相手にされなかったので、腹いせにレイプされたと警察に訴える。  当然ながら裁判になり、サムは敗色濃厚だったが、証人スージーの意外な発言で思わぬ展開に進む。  これ以上書くとネタバレ必至になってしまうので何も書かないが、警官役のケヴィン・ベーコンも絡んでのドンデン返しの連発だ。  2回目ぐらいまでのドンデン返しには、ほ~、そう来たかと感心していたが、それが4~5回もやられると、そんなに捻らなくてもいいんじゃないの?とウザったさまで覚えてくる。  でも、まぁ、テンポも良く、ケヴィン・ベーコンとマット・ディロンの共演は見応えがあったので、一見の価値はあった。

閲覧数1,058