レビュー一覧に戻る
ヴァンパイア/最期の聖戦

ヴァンパイア/最期の聖戦

JOHN CARPENTER'S VAMPIRES/VAMPIRES

108

toy********

1.0

☆ヴァンパイア 最期の聖戦☆

たまたま地上波で、放送していたので、何気なく観ました。(;_;)/~~~ 世紀末のアメリカで、不死身のヴァンパイアを退治するハンターチームとヴァンパイアとのアクション・ホラー映画です!! ストーリーは、ヴァンパイアを倒すため、ヴァンパイアハンターチームが、次々と数々の武器を使って、捕らえては、殺戮しまるでゴキブリのように、何匹も殺していく光景は、ならず者のヴァンパイアハンターチームとして写る。(^_-)-☆ ヴァンパイア退治に、執念を燃やすハンタージャック(ジェームズ・ウッド)は、やがて 世界制覇を企むヴァンパイア一族の首領ヴァレックに、ハンター仲間が襲われる。(;_;)/~~~ 殺されたヴァンパイアハンターチームで、生き残った仲間モントヤ(ダニエル・ボールドウィン)と共に、捨て身の決戦を挑むため、敵陣に乗り込んでいく~★ 昔の映画【吸血鬼】とは違い、白昼堂々とヴァンパイアハンターチームと、バトルを繰り広げるシーンは、西部劇と吸血鬼を足して2で割ったようなテイストがあり、女性ヴァンパイアのエロチシズムも随所に観られ、余りお勧めするような作品ではない!! “ヴァンパイアの野望に対するヴァンパイアハンター”の対決の構図が、エロい部分と絡まってゆく~★ どちらかと言えば、“きもい”“ダサイ”“汚い”イメージが残る。(>_<)

閲覧数519