ここから本文です

アインシュタインの脳 (1994)

EINSTEIN'S BRAIN

監督
ケヴィン・ハル
  • みたいムービー 1
  • みたログ 7

3.00 / 評価:4件

中年男の夢とロマンの冒険物語り

  • teddyfuji さん
  • 2014年7月28日 9時49分
  • 閲覧数 488
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

なかなか面白かったですヨ。(^V^)

アインシュタインを愛するが故にアメリカまで彼の脳を探す旅をする50の中年男の愛とロマンのお話です。

主人公である杉元賢治氏は当時近畿大学教育学部助教授ですが、アインシュタインの研究(マニア)をライフワークとしていました。

ブロークンイングリッシュでアインシュタインの脳を探し出す彼(杉元賢治)の姿は、まさに冒頭で述べている"Einstein teaches me about love as well as science. Passion, love and science. I love Albert Einstein."を体現していました。

出て来る人達もとてもクセのある人ばかりで良かったです。
ただ、ウィリアム・S・バロウズが最初何処で出て来たのか分からず、見直したらBill's TVのお店のじいさんだったと分かった時は、ちょとびっくりしました。

でも、社会の『いいかげんさ』とマニアの『異常なラヴ』に翻弄されたアインシュタインの脳の扱われ方はあれで良かったの?と考えてしまいました。

全体的に後から疑問もでてきて、なにかと毒(軽めの神経系の毒みたいな?)が孕んでいるユニークなドキュメンタリーでした。オススメです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
  • 知的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ