微笑みをもう一度

HOPE FLOATS

112
微笑みをもう一度
3.0

/ 37

16%
16%
38%
14%
16%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • m11********

    5.0

    ネタバレ人間はみな同じ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tkj********

    4.0

    サンドラと監督の相性

    恥ずかしながら、 ハリー・コニック・Jrが、高名なミュージッシャンとは知りませんでした。 朴訥とした、素人っぽい演技だなと思いましたが。 もう、10年以上前の映画ですものね。 「希望のちから」で主演されてるようです。 さて、作品レビューですが、 演出とサンドラの演技力の光る作品ですね。 夫の裏切りによって傷ついたバーディの痛みが、 観る者にしっかり伝わってきます。 心の柱も折れ、心も身も元の姿を保てないほどのダメージ。 そんな心情を表現するのが、上手いサンドラです。 印象に残るシーンがあります。 ショックから立ち直れないバーディに反抗する娘は、 母親が悪いから父親が出て行ったと責めます。 事情を知らなければ、常に一緒にいて、荒れた姿も見せる母より、 父親について行きたいと思えてしまうのでしょうね。 いくら、父親に拒まれても、車に乗り込もうと泣け叫ぶ娘。 そこを、母はじっと耐える。 駄々をこねる泣きではなく、子供が救いを求めて泣く泣き声は、 母親にとっては、本当に辛いものですね。 いい演出ですよね。 このことで、母は現実を娘に伝える。 あなたを捨てたのは、父だと。 サンドラの一連のラブストーリー、ラブコメは、 監督との相性で、かなり差があると思えます。

  • いやよセブン

    3.0

    若いときの人気者はつらい

    テレビカメラの前で、夫と親友から浮気を告白された主人公(サンドラ・ブロック)、一人娘を連れて実家に戻る。 高校時代、チアガールで人気者だった主人公は、同じく人気者だった彼氏と結婚したのだが、狭い田舎ではみんながテレビを見ていた。 これまでの人生が順風満帆だっただけに、立ち直れない主人公は、裏切られてもなお、夫以外を愛することが出来なかった。 お節介な母親(ジーナ・ローランズ)とパパが大好きな娘と新しい人生に踏み出せるのか。 監督はフォレスト・ウィッテカー。

  • oce********

    1.0

    ぜひ役者に専念してください

    サンドラが人生の再生を求めて実家へ帰って人々に触れいくうち... あらすじだけ聞けば佳作ぐらいには思ってましたが、これがまったく面白くない。 サンドラは終始暗く憂鬱でいつもの笑顔などほとんどなし。 中身も平坦なわりに展開が以上に遅く、こんなシーンカットしろよと思う部分が多々あり退屈極まりない。 挙句の果てに最後の急な展開には完全に白ける。 そこまで無理矢理にハッピーエンドにする必要があったのか。 フォレスト・ウィッテカーは役者としてはいいが、監督としての力量はないと言わざるを得ない。

  • cami

    4.0

    好きな映画。

    地味に好きな映画。映像もキレイだし。 劇中に撮影する写真も素敵な画像。 ハリーもカッコいいし、アラサー&アラフォー主婦 には受けるのではないでしょか? 男性にはあんまりでしょうね・・・ フォレスト・ウィテカー、演技だけじゃない人です。

  • 琴那

    4.0

    ネタバレやり直し。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中