レビュー一覧に戻る
微笑みをもう一度

微笑みをもう一度

HOPE FLOATS

112

tkj********

4.0

サンドラと監督の相性

恥ずかしながら、 ハリー・コニック・Jrが、高名なミュージッシャンとは知りませんでした。 朴訥とした、素人っぽい演技だなと思いましたが。 もう、10年以上前の映画ですものね。 「希望のちから」で主演されてるようです。 さて、作品レビューですが、 演出とサンドラの演技力の光る作品ですね。 夫の裏切りによって傷ついたバーディの痛みが、 観る者にしっかり伝わってきます。 心の柱も折れ、心も身も元の姿を保てないほどのダメージ。 そんな心情を表現するのが、上手いサンドラです。 印象に残るシーンがあります。 ショックから立ち直れないバーディに反抗する娘は、 母親が悪いから父親が出て行ったと責めます。 事情を知らなければ、常に一緒にいて、荒れた姿も見せる母より、 父親について行きたいと思えてしまうのでしょうね。 いくら、父親に拒まれても、車に乗り込もうと泣け叫ぶ娘。 そこを、母はじっと耐える。 駄々をこねる泣きではなく、子供が救いを求めて泣く泣き声は、 母親にとっては、本当に辛いものですね。 いい演出ですよね。 このことで、母は現実を娘に伝える。 あなたを捨てたのは、父だと。 サンドラの一連のラブストーリー、ラブコメは、 監督との相性で、かなり差があると思えます。

閲覧数672