ここから本文です

天使が見た夢 (1998)

LA VIE REVEE DES ANGES

監督
エリック・ゾンカ
  • みたいムービー 21
  • みたログ 67

4.17 / 評価:12件

イザとマリー、2人の対比につきます

  • Snus-mumrik さん
  • 2008年3月18日 23時56分
  • 閲覧数 437
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

 98年カンヌ国際映画祭で、主演女優賞をダブル受賞した、切なくも共感する青春ドラマ。ひたすら今の私を受け止め、自由な生き方をするイザ。人のすることが全て無能に感じる自棄なマリー。

 この2人の対比が素晴らしい。イザは自由に生きつつも、何かに頼らなければ人は生きていけないことを自覚している。心の拠り所となるのが、マリーであり、ナイトクラブの友人であり、交通事故で意識不明な見知らぬ女性であるのだ。この女性にささやかな希望をイザは抱く。自らの意志を夢を再演できるのではと。

 マリーはどうか。自らの意志があるようで、空虚。宙に浮いた、根拠のない自信がそうさせるのか。

 何がどうであれ、1人でも大丈夫だということは、1人じゃない大切な時間があるからこそなのだ。
その時間を愛おしく思わなければ、人は自になったとき崩壊する。崩壊したとき、その夢は消えてなくなるのだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ