ここから本文です

愛する者よ、列車に乗れ (1998)

CEUX QUI M'AIMENT PRENDRONT LE TRAIN

監督
パトリス・シェロー
  • みたいムービー 7
  • みたログ 36

2.83 / 評価:6件

フランス映画らしいフランス映画

  • マキヲ さん
  • 2008年5月8日 22時29分
  • 閲覧数 388
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ある画家の葬式にあつまる人々の人間模様を描いた、半オムニバス・ストーリー。
フランス映画なので、何とも言えない倦怠感というか、ダルッとした感じが満ちています。

画家の家族、恋人の男性、遺産の相続人となる少女…。
彼らは画家の死を嘆きつつも、それぞれが抱える現実に疲れて、優しさを失いつつあります。
そんな時に、深いメッセージのような画家の遺言によって、彼のアトリエに集まった人々は、
何かを見つけて、また現実へと帰っていくのです。

う~ん、癒し系映画(笑)?具体的なストーリーは、もう1回くらい観ないと分かりませんねぇ。
謎の青年・ブリュノがすっごいキュートでした!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ