ここから本文です

アヴェリー・バラエティ/ねむいウサギ狩り (1939~1945)

DOG GONE TIRED

監督
テックス・アヴェリー
  • みたいムービー 0
  • みたログ 2

4.00 / 評価:2件

みんな観てたよね!

  • bakeneko さん
  • 2009年5月28日 12時25分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

MGMのギャグアニメの黄金期を支えた作家による究極のスラップスティックアニメの一つであります。

最近また“トムとジェリー”のDVDが再廉価版発売になっていますが、昔TVで放映していた際には、この番組は30分の時間枠に7-8分の話が3話放映されていて、真ん中(2本目)はトムトジェリーの話ではなく、ドルーピー(玉川良一が声をあてていました)や悪いおおかみさん(小林清志が声の担当)、そして実験的ともいえるシュールな話や、エキセントリックなギャグのエピソードが挟み込まれていました。

で、多くの作品がある中で、強烈な個性と緊迫感のあるギャグで記憶に残る作品を作っていたのが、テックス・アヴェリーであります。
本作以外にも、
つかまるのはごめん、迷探偵ドルーピーの大追跡、太りっこ競争、ウルトラ子がも、月へ行った猫、呪いの黒猫、こんなお家は、腹ペコ野良猫、スポーツの王様、森の小さな靴屋さん、へんな体験記、へんてこなオペラ、冬眠中はお静かに、ぼくはジェット機、うらやましいテレビ、勝利はいただき、何でもウメェー、西部開拓史、ノミのサーカス、デキシーランド犬、善人エド、悪人の誕生....。など多くの作品がありますし、未公開の物も傑作が多いですよ。
で、この人の作品は女の子キャラが素敵に色っぽいことでも際立っています(ほーら思い出してきたでしょう)。
1940-1955年代の作品ですから、パブリックドメイン化しています。業者さん!DVD化しませんか?(駄目なら海外版でも十分楽しめますよーほとんど言葉はいらない作品が多いですから)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ