奇蹟の輝き

WHAT DREAMS MAY COME

114
奇蹟の輝き
3.7

/ 203

31%
24%
31%
12%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(42件)


  • nky********

    3.0

    うん?

    なんでだろう?なんか期待と違った。あの世とか生まれ変わりとか信じてるので、いろいろ共感できそうだと思って観たけれど、、 この世の愛と執着をひきづってるだけ?と言えば怒られるでしょうか、、 あの世モノなら、「ラブリーボーン」のほうが好きかな。

  • カーティス

    3.0

    死後に生前を振り返る

    死後の世界を舞台にしたファンタジー。妻を残して事故死した主人公、無事天国にたどり着くも、妻が自殺して地獄へ墜ちたと聞き地獄へ旅たつというストーリー。 こう書くとなんだか冒険もののように思えてしまいますが、あくまで本質は人間ドラマ。死んだ主人公が生前の自分を振り返っていく。その大筋自体はいいと思います。 また、天国と地獄を描いたビジュアルがとても秀逸で、絵の具でできた幻想郷や、床一面に人面が張り付いた地獄絵図などなど、ときに美しくとくにグロテスクな描写の数々は見ごたえあります。20年以上前の映画なのでCGが粗いシーンが多々ありますが、それを差し引いても魅力的です。 気になったのは構成の悪さ。前述のとおり、主人公が生前の記憶を回想する形で物語が進んでいくのですが、伏線を張って回収するということはあまりなされず、その場その場で必要な情報を付け足してくことのほうが多かったのがかなり気になりました。 というのは、そのせいで要所要所の展開がかなり急に感じられましたし、主人公の心の動きが読みづらくなってしまったように感じたからです。重要な情報が後から後から付け足されていくうえにそれらの時系列がバラバラなので、主人公の心のうちがどんどんわからなくなっていきましたし、それに伴ってドラマに没入することもなくなっていったというのが正直なところです。 テーマや設定、ビジュアルが秀逸なだけにちょっと残念。そんな作品でした。

  • lov********

    5.0

    みんなひとつ

    この映画に込められた想いに感動しました。 自分の見たものしか見られない、自分の描いた世界を生きているということを映像で気がつかせてくれた感じがします。 自分って何なんだ?脳ミソ?脳ミソはただの肉だ、人間は精神の存在だと。 結局はみんなひとつで、人の人生は儚くて、あちらから見れば一瞬なんだと、たくさんのメッセージが込められている映画でした。

  • なやぎさわけいこ

    5.0

    真実の愛

    霊界は本日にあると思います 自分自身も感じる体験があります。 最愛の家族との生活には偶然ではなく、共に存在したい、偽りがない愛でしょうか?

  • 風の都の民

    3.0

    ネタバレ彼女を地獄から救った言葉

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • arl********

    2.0

    ノれませんでした。

    宗教観が違うんでしょうね。面白くありませんでした。 「絵の具の世界」のビジュアルはきれいでした。

  • lad********

    3.0

    国民性の違い?

    とてもロマンチックなストーリー。映像も美しく、女性向けの映画。 家族や親子の絆よりも、夫婦や男女の絆が前面に押し出してあるので、なんとなく違和感を覚えた。 妻と子が溺れた時、欧米人は妻を、日本人は子を先に助けるという話を聞いたことがある。 いい話だったと思うけど、子ども中心主義な日本人の自分からはなんか引っかかってしまうんだろうな。

  • goo********

    4.0

    ネタバレ人は思い描いたとおりの世界に住んでいる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bat********

    5.0

    ネタバレ私が観た最も美しい映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuw********

    4.0

    いろいろ興味深かった

    あれは何年前? 録画してたまった映画をざっと見たことがあった。 その中にこの映画があった。 全然知らない映画。 ざーーーーっと早送りして見た。時々止めながら。 どのシーンか忘れたけど、何かのシーンを見て「ん?おもしろそう」と思って見てみた。 おやおや、死後の世界だ。 あらまあ、なかなか。説得力がありそうな。 地獄がリアルなんじゃないかと感じた。 閻魔様がいるわけじゃない。無限地獄で火あぶりというわけでもない。 自分の心の有りようで、ずっと何かに囚われてしまう状態になるらしい。 死後は外部からの刺激(救い)がない。 囚われた心は延々と続く。 ・・・な感じが、なんか説得力があるなぁと感じた。 結局、最初まで戻って全部見た。 なかなかおもしろかった。 奥さんが落ち込んでいく様はちょっとつらかったけど。 これだけ死後の世界を描いた後で、ラストがロマンチックに終わってるのがなかなか可愛らしくて微笑ましかった。 ロビン・ウィリアムズをあまり認識していない頃に見た映画。 「見る気はなかったのに、ついつい最後まで見てしまう」。 この俳優の出演作、いつもそんな感じになる。偶然かな。 ・・・という感想があの世に届くかな。 ま、届くんじゃないかな。(←楽観的) 実際のあの世がどうなってるかわからないけど。 ま、がんばってね。

  • 2.0

    ネタバレ期待と違う

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ksk********

    3.0

    天国と地獄を描写

    天国と地獄描写した映画。特に地獄の描写についてよく踏み切ったたと感心する。キリスト教社会でこれをやるのはなかなか勇気が必要だったのではないだろうか。そして死後の世界と魂の存在。またこの映画も輪廻を肯定している。今は亡きロビン・ウイリアムスを想う。

  • usa********

    3.0

    ストーリーいまいち。

    いろいろと無理矢理な展開で、ラストの方はもう時間がなかったのか?はしょって適当に終わらせた感まであって全然納得いかなかった。フェードアウトして気がついたらいつの間にか助かってたみたいな。愛がテーマ?なのか知らないけどこんな薄っぺらくていいのか? CG技術が追いついてないというか、不自然でウソくさい映像になってしまっている。今作ったらもっと自然で素晴らしい表現ができそうなので、もったいないなと思った。 あと奥さん役の吹き替え版声優さんの声がなんとなく嫌で受け付けなかった。字幕版だったらもっと感情移入できてたかな。

  • nek********

    4.0

    心を揺さぶる映画

    一緒にこれを観た伯母が「なんだか宗教的な映画だったわ」と感想を述べていて、当時16歳だった私は少し違和感を感じたのを覚えています。 たしかに、死後の世界や生まれ変わりといった描写がメインで描かれています。 でも、それはただの土台であり、べつに神の存在や死後の世界があることをアピールする映画ではないのです。 目を向けるべきは 死んでしまってもなお妻を案じ、いたわり、想う夫の‘‘愛’’ 息子や娘が父に向ける、強い‘‘信頼と尊敬、憧れ’’ 家族とは、こんなに絆の強いものなのか 子を想う両親の愛とはこんなにも深く大きいものなのか 衝撃でしたし、羨ましかった。 私もあんな風に誰かを愛したい愛されたいと、心から思いました。 もちろん、どんな感想を持つかは自由ですし、苦手だという人もいるでしょう。 ただ、単なる‘‘宗教的な映画’’と片付けてしまうのはあまりにもったいない。 ‘‘愛’’に対して疑心暗鬼になっている人に、おすすめしたい映画です。

  • よんあ

    5.0

    号泣

    泣きました

  • gat********

    5.0

    何度見ても幸せになる

    初めてみた時はだるい流れだな〜と思ったのですが、見ていくうちに世界に引き込まれ、見終えた後はもう一度みたい、もっと細かいところまでみたい!と止まらなくなる映画でした。 何度見ても、涙が止まらなくなり、そして最後は幸福で胸がいっぱいになります。

  • npg********

    3.0

    自分で描くファンタジームービー

    ロビンウィリアムスの映画はどれを見てもはずれがないですね。 究極のラブストーリーかと思ってみたら そういう訳ではなく、母親以外の家族がみんな亡くなっちゃうので 結構悲しいですが、 その死から天国、地獄への話 アニー(母)への強い愛や、素晴らしい映像がとてもよかったです。 もちろん最後はハッピーエンド☆ 話は読めるけど、ハッピーな気分になれる映画でした。

  • yos********

    5.0

    良い作品

    好きな映画。何回も観た。だけどところどころ思い出せなくなる。だからまた観る。観るたびに新しいことに気付く。背景だったり、人物同士の距離感、心の動き。 彼はこの世から去ったが素晴らしい作品は残っている。もしかしたら、この映画の主人公のように誰かを探しているかも知れない。また人助けだ。 そう思いたい。 押し付けがましく出てくるわけではないが、映画の中には宗教的な描写もある。 死後世界の描写については、人によって受け付けない場合もあるだろう。

  • chi********

    3.0

    天国へ

    ロビン・ウィリアムズの訃報を耳にして真っ先にこの映画を思い出した。 ラストが思い出せないけど心に残る作品でした。 絵の具で描いたような美しい天国。 ロビンが天国に行けますように。

  • cgk********

    5.0

    衝撃。「ロビン・ウィリアムズ」氏の自死。

    2014/08/12現在Yahoo!ニュースで「ロビン・ウィリアムズ」氏の自死が報道されました。なんでなんだ。もし僕が、この作品のように救いに行けるなら救いに行くよ。ロビンの作品は、人生の応援歌じゃなかったのかい?。「レスリー・チャン」といい本当に悔しい。

1 ページ/3 ページ中