交渉人

THE NEGOTIATOR

139
交渉人
4.1

/ 1,191

35%
43%
18%
3%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(219件)


  • neo********

    4.0

    ネタバレ20年以上経っても面白い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hik********

    3.0

    交渉人に交渉する交渉人

    絶体絶命のサスペンスに加えて、主人公の濡れ衣を晴らすと言うミステリー展開も物語を盛り上げている。 サミュエルとスペイシーの演技も見事だ。 派手さは無いが、良いサスペンス映画だと思う。

  • ats********

    4.0

    かなり頭使いますが、ハラハラドキドキでおもしろい!

    交渉人ってコミュニケーション能力もそうだけど、駆け引きをするための頭の良さも必要で、見ているほうも頭使いました笑 映画の主旨からすると、もう少しアクション少なめでもいいのかなと感じました。

  • hir********

    3.0

    ネタバレクール&ホット 見応えあり

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • me_me

    4.0

    IQ180あるとは思えないけれど、楽しめた!

    交渉人ダニーが、仲間の誰かから殺人の濡れ衣を着せられ、人質をとって立てこもり。 味方が信用出来ず、遠方の交渉人クリスを指名する。真犯人を探すことを条件に人質の解放交渉していくのだが、奇妙な友人が芽生えて最後は2人で真相解明。 テンポ良く、二人のやりとりも面白いが、主人公ダニーは口が上手いだけで知性が感じられない。

  • sat********

    4.0

    ネタバレ面白いが、チンピラキャラと最後のご都合が目立つ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bic********

    1.0

    主人公のイキリっぷりがダサい

    「凄腕交渉人同士の駆け引き」っぽい作りだけど、実際は主人公にだけ都合のいいなろうのようなもの。主人公が交渉人としてそれっぽいことをするのは、最初の交渉役をまかされた後輩を馬鹿にするシーンだけ。それにしたところで、人質とってる主人公のほうが圧倒的に優位にあるのだから、弱い相手をいじめてるようなもの。その後、狙撃スコープの前にたってマスコミに演説するシーンにしても、「俺は絶対に撃たれない」というシナリオのバリアに守られているからこそできるだけ。劇中のキャラの心情にたてば、あそこで「ゼッタイに狙撃されることはない」という確証なんてないのだから。 警察相手の交渉といっておきながら、主人公は、ひたすら喚き散らすだけ。交渉相手のはずの警察を小馬鹿にし、苛立たせ、自分の要求をつくつけるだけ。「犯人」がこんな調子では、耳を傾けてくれるわけがない。ところが劇中では、なぜか罵声を浴びせられている警察側が頭が悪いかのように描かれている。 ほんとに頭の悪いシナリオだった。考えた人間が頭悪いのだろう。「白人は嫌な奴、黒人は正しい」ってことだけ描ければいいと思ってるのかしらん。

  • lud********

    5.0

    文句なしの面白さ

    良くできたストーリーで面白かった。 最後までスクリーンに釘付けの息詰まるサスペンス。そしてラストの圧巻などんでん返しが痛快だ! サミュエル・L・ジャクソン、ケヴィン・スペイシーの名優たちの演技が秀逸過ぎてたまらない。 サミュエルも、スペイシーも売り出しの頃は悪役ばかりだったが、いまや大御所となった。 どちらも本当の名役者だと思う。 久し振りに興奮する作品だった。

  • tok********

    4.0

    ネタバレ結末があっけない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • has********

    4.0

    まさかの

    ちょっと最後は強引かな。

  • ang********

    5.0

    ネタバレやはり、逸品は何年経過しても逸品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tyo********

    3.0

    ネタバレ話がしょうもない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kat********

    5.0

    文句なしの名作!

    交渉人VS交渉人!サミュエル・L・ジャクソンとケビン・スぺイシー。名優の共演で見応え十分。ストーリーも次の展開がどうなるのか最初から最後までドキドキ。たぶんレンタルショップに出てすぐの20年以上前に見て以来の鑑賞だが、名作は何年経っても名作だなぁと思った。

  • ハリウッドテン

    2.0

    なんでこんなに評価高いの?

    主人公が銃撃戦強過ぎ。交渉人というかランボー並みに強い。内容もそんなにハラハラしなかった。レビューの評価高くて期待してたから残念。

  • aqu********

    5.0

    交渉人としての真剣勝負と信頼関係

    海外では、交渉役(メゴシエイター)という職業が存在するんですね。 この映画を観るまではしりませんでした。そういえばそういった本がベストセラーになったことがありましたね。 それはさておき、 罠にはめられ無実を晴らすため、人質を取りビルを乗っ取るのが熱血漢な交渉人サミュエルLジャクソン、その交渉役に当たるのがケビンステイシー、彼は温厚に見え、人種の違い以上に、対照的な交渉人同士による緊迫したやりとりが展開される映画であります。 お互いの腹を探りながら、ケビンが「人質に手を出したら承知しないぞっ」とサミュエルを恫喝するシーンがあるんですが、ここでサミュエルは同じ仕事をするものとして相手を認め、信頼できると踏んだいいシーンでした。 交渉人としての真剣勝負と信頼関係が見られるいい映画でした。 163分という長さも感じさせない良質の映画です。

  • was********

    2.0

    ネタバレ全くハラハラしないクライムサスペンス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    4.0

    ネタバレ追い込まれた末の籠城

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 長宗我部元親

    5.0

    観るべき

    損はしません。1回は観るべきです

  • say********

    4.0

    ハラハラドキドキしたいなら、これ

    観客にわかっていることは、たったの2つ。主人公は無実であること。選ばれた交渉人以外、誰も信じられないこと。 ラスト近く、怒涛の展開。そこまで、ハラハラドキドキがずっと続く。良質のサスペンス。 音でビックリさせるホラー映画なんかより、ずっと納得のクオリティ。

  • tos********

    4.0

    見事

    有能な交渉人のダニーは、相棒殺害と横領の疑いで罪を着せられそうになる。そして、内務捜査局に乗り込み、局員を人質に立てこもる。彼は交渉人にクリスを指定し、自ら潔白を証明しようとするが。  神経戦のスリル、真犯人を追うサスペンス、さらにアクションありと見事な作品。  サミュエル・L・ジャクソンとケヴィン・スペイシーの二人の演技も見応えがあり楽しめました。「グリーンマイル」「12モンキーズ」が印象的なデビッド・モース、結構好きな俳優です。強行突入を進めようとする隊長役で、今回は悪役なのかとハラハラし、ここも見所でした。

1 ページ/11 ページ中