ヴァイラス

VIRUS

100
ヴァイラス
2.7

/ 164

5%
15%
32%
39%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(36件)


  • lov********

    2.0

    キモ

    なんか8年越しの花嫁見た後だからかなぁ見れないつまらん

  • tofu

    2.0

    ダラダラしててスピード感もハラハラもない

    午後ロードで予備知識なく視聴 ロシアのなんかが襲われるが、誰だかわからん奴らがなんかお喋りしてよくわからん感じで襲われても、共感のしなければ恐怖も全くなく、正直どうでもいい で今度はメインキャラたちが登場するが、誰で何やってるかもわからんのに、またダラダラおしゃべりの後いきなり台風で沈没寸前やられても、「あんたたち誰だよ?それにどうせ沈まないんだし」とやはり全然面白くない で謎に船見つけるが、ここまでで既に20分経過 でまたおしゃべりしながら船内捜査始まるが、やはり緊張感もなければ、カニか蜘蛛っぽい謎の生物も安っぽいし、1時間経過しても相変わらず緊張感も恐怖もスリルもドキドキハラハラもなくて、とにかくつまらない 俳優は有名人使ってるし、脚本自体は多分そこまで悪くないのに、カメラワークや演出がてんでダメなんだと思う ボールドウィンの顔がどうも緊張感ないのも原因かも

  • say********

    3.0

    ん〜、惜しい!ザ・午後ロー…

    脚本さえよければ、名作になれたかも知れない。惜しい!と言っても、脚本って映画の本質だし、致命的なほどにストーリーがB級。午後のロードショーで鑑賞したけど、まさに午後ローにぴったりな映画になってしまっている。 特撮は、なんだか暗くてよく見えない演出でゴマかされている感じだけど、かなり本格的。 最も良かったのは俳優陣。一番はクソ船長だけど。良かった。 脚本以外、B級でもなんでもないクオリティだったので、監督が脚本にちゃんと手を加えてさえいれば、名作になれたかも知れない。本当に惜しい。

  • よさくたろう

    4.0

    ツッコミ満載

    俳優陣がそれぞれ個性的です。船長はボディスナッチャーズ。ヒコはグリード。フォスターはお母さんがサイコ等で知っていました。中々緊迫感漂う楽しめる映画でさす。昔日曜映画劇場か何かで見て、人造人間化したスクウィーキーが、頭でドアを突き破ってこちらを向いて、「スティーブ。」と言う場面を何気に覚えていました。シースター号の床に穴が空いて海水が涌き出てくる場面や船が沈んでいく場面は、私は映画は素人ですが、迫力ありです。俳優それぞれの演技も上手だと思います。気になりましたのは、1銃で壊した小型ロボットを素手で持たないと思う。2重いからといって、担いでいた重厚な武器を床に投げ捨てないと思う。3マシン室で見たロボットを、やり過ごすであろうか?。4アレクセイをどうやって倒したのであろうか?。また、倒したアレクセイを、素手で運ばないと思う。5船長早くやられ過ぎ。もっと活躍して欲しかった。6スティーブは目付きが変。そういう目なんでしょうね。7スクウィーキーは、あんなに無防備に中を覗かないと思う。でも、そうしないと話が展開しない。8あんなに即座にロシア船を事典か何かで発見できるのでしょうか?。9もっと屈まないと、脱出シートのダクトの天井にに頭がぶつかるよ。等々挙げればキリがありません。ですが、私の大好きな映画の一つで、時々見返しています。パクラは私のタイプでしたが、日本映画で稲垣吾郎と共演とのことで、何となく安っぽくなっちゃって、全くの気持ちの問題ですが、一挙に嫌になりました。ジェイミーも私のタイプ。これといった美人ではありませんが、スタイル抜群で、熟女のノーブラ巨乳は大好きです。ちなみに、ザ・フォッグで親子競演しているお母さんは美形。熟女巨乳で大好きです。

  • j45********

    3.0

    機械仕掛けの物体X

    なにげに有名俳優がキャスティングされてて、予算もとってある。 未知なる敵と狭い範囲で闘うのは、使い古されても楽しいシチュエーションだ。 遊星からの物体Xが好きな俺としては、それなりに楽しめたが、演出が活かしきれていない気象状況及び変にリアルさを出そうとして画面が暗すぎるのあたりに出てしまいもったいない。

  • 一人旅

    3.0

    エイリアン×ターミネーター

    ジョン・ブルーノ監督作。 海上の船を舞台に、未知の地球外生命体と人間達の攻防を描いたSFホラー。 ダークホースコミックス刊行の同名コミックの映画化で、南太平洋を漂流していたロシア船籍の船に乗り込んだ輸送船乗組員達が、宇宙ステーションを経由して船に侵入した電磁波生命体を相手に熾烈な戦いを繰り広げていく様子を描いたSFホラーで、船という閉鎖空間における人類vsエイリアンの攻防をスリリングに活写しています。 『エイリアン』の舞台を宇宙空間から海上の船に置き換えたような設定に加えて、主な敵が機械人間という『ターミネーター』の要素を合わせたような作風となっていますが、敵の正体が目には見えない“電磁波生命体”というアイデアが斬新でありますし、船の部品を使って配下となるロボットを生産したり、殺した人間の肉体をパーツにして機械人間を製造するという生命体の戦略はオリジナリティーに富んでいます。 見せ場は閉鎖空間での熾烈な攻防戦で、偵察用の小型ロボットや半人間半機械の殺戮兵器といった特異なビジュアルの敵勢を相手に、ジェイミー・リー・カーティス演じるヒロインら人間達が果敢に立ち向かっていきます。監督が視覚効果畑のジョン・ブルーノなので、迫力万点&火薬量満載の激烈バトルを楽しめますし、生命体に魂を売って闇堕ちしたドナルド・サザーランドの怪演も見物であります。

  • b_o********

    3.0

    まあまあ

    そんなに悪くはないけど、まあまあかな。そこまで面白くはない。

  • sss

    2.0

    三流感

    話は興味をそそるのだが、それだけで、映画自体が面白くなくて長く感じる。すべてが安っぽい。/3.5(202001)

  • cgp********

    4.0

    ヤフー映画の評価点よりも面白かったよ!

    BS TBSで放送していたので見てみました。 ヤフー映画の評価が2.75点だったので、どんなものかと思っていましたら、 思っていたよりも冒頭から終盤までなかなか作品が良く出来ていて、 作品の出来としても安っぽさを感じる事がなく出来は良かったですよ。 この作品は、ターミネーターとエイリアンとロボコップ2の敵ロボキャラクターを 混ぜ合わせた様な作品と言っていいと思います。 なので、作品としての真新しさがないのですが、見てみて悪くはなかったです。 作品中に登場した小型の昆虫型ロボットが今で言うと、 全国高等学校ロボット競技大会で高校生が作ってるロボットによく似ていました。 謎の地球外生命体が、地球へと潜入した最初となるロシアの衛星探査船の 船内にある金属部品を寄せ集めて作った格好なので、 全国高等学校ロボット競技大会で高校生が作ってる工作ロボット風の格好と なったんであろうと解釈しながら見ました。 ロシアの衛星探査船の撮影では実船をそれ風に改造したり、 大型ミニチュア船を作ったりして撮影したのかな? なので、それなりにお金を掛けて作っている作品なので、 B級作品ではないですねぇ~。だからってA級作品でもないですが。 まーなかなか良く出来た90年代のSFパニック映画と言ってもいいのでは?

  • rat********

    3.0

    恐怖!機械生命体、嵐のシージャック!

    とにかく、懐かしい! 見たことあるような役者さんばっかりでそこがまた良い。 ホラー大好きで、見漁っていた頃の一本なんで、ホンッと感慨深いです。とは言え、内容はよく覚えてなかったのでそれなりに見てたんですが・・・ こんなもんだったかな?って感じ。 機械に生命体が乗り移る?意識を持った機械が、人を襲う話なんだけど、ロボットを作ったり、人のからだに機械を植え付けたりして、当時、流行っていた特殊メイクで楽しませてくれる。 それなりに見ごたえが有るとは思うんだけど、なんか、冷めて見てる自分がいました。 まぁ、BSで鑑賞して、コマーシャルが長かったってのもあるかな。緊張が途切れちゃうんだよね。 本編の面白さって言うよりも、役者さんや画面の古臭さと懐かしさで楽しませてもらった一本です。

  • nyj********

    3.0

    今観ると有名俳優てんこ盛りB級ホラー映画

    昔のSF映画は暗い。この映画も暗い。宇宙から来た機械エイリアンがターミネーターのような物を作って襲ってくる。冒頭は良いがあとは単なるB級映画である。ドナルドサザーランドもあんな風になってしまうとは滅茶苦茶な展開のホラー映画でした。だいたいヒロインが可愛くもないジェイミーリーカーチスじゃ面白さも湧かないね。

  • rgb

    3.0

    ネタバレチープ感はない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • しおびしきゅう

    4.0

    ネタバレいーんじゃない?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 1048

    2.0

    見れない事はない

    ま、エイリアンだわな(笑) なんの斬新さの欠片もない… しかしそれなりに制作費かけて 作り込んだ感はある。 退屈凌ぎにはギリギリなる

  • ken********

    5.0

    ネタバレ一度は観る価値ありです。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スーザン

    2.0

    『エイリアン』の劣化版といったところだ。

    中身はB級ホラーSFなのに、ドナルド・サザーランドはじめキャストはバッチリで、製作費も大掛かりだったとか。 敵はマシンや電気系なのに、なかなかのグロさを観せてくれる。 もうちっと脚本に工夫が欲しかったし、ジェイミー・リー・カーティスにもっと活躍させりゃ良かったね。

  • ang********

    1.0

    やだもー(笑)何この平均点の異様な高さ

    この映画の平均が2.82? 有りえないですって。無いわー。絶対に無いです。なので私は辛目に★1で。 下のレビューの方がご親切に「製作費90億、回収30億」と書いて下さっているので、★1が非常に妥当であると自信が沸いて来ました! 多分、この膨大な製作費の多くが「舞台である、中古オイルタンカー購入」に掛かったと見ましたよ。 何はともあれ(笑) ストーリーは酷いし、 敵のロボットは、理系大好き中学生が廃品置き場の素材で作った様なモンだし ずーーーーーーーーーーーーと物語がタンカーの中で飽きるし 究極宇宙人ロボットとの死闘が、手りゅう弾だったりライフルだったり(笑) なんかもう(笑)

  • zat********

    2.0

    製作費からして決してB級ではありませんw

    製作費約90億円掛けて約30億円しか回収できなかった駄作 SF好きなら一度は見ておくべきですね 生々し過ぎて子供が見たらトラウマものだよ 小さな子供には絶対見せてはダメ グロ注意だ

  • bat********

    2.0

    人間ハイブリッド電磁波生命体

    宇宙の電磁波生命体が船を乗っ取り、人間の身体も改造して支配しまうB級ホラー作品。 ドナルド・サザーランドの怪演が印象に残りました。 すぐ忘れてしまいそうな薄っぺらい内容でした。

  • sak********

    3.0

    ドナルドサザーランドの笑顔

    ふっと画面が切り替わったあと映るドナルドサザーランドの笑みがヤバイ。何がヤバイってこいつ絶対あかんタイプの人間やって思わさせるような笑みやからヤバイ。いい演技。自分は機械と人間が融合した中途半端で気持ち悪い造形が結構好き!

1 ページ/2 ページ中