レビュー一覧に戻る
54 フィフティ★フォー

いやよセブン

3.0

楽しさと面白さは怖さがなければ

1970年代、ニューヨークの歓楽スポットでその名を世界に鳴り響かせたクラブ「54」を舞台にしたお話。 ライアン・フィリップが美形の容姿でのし上がっていく役を説得力をもって演じている。 しかし、実在したクラブのオーナー・ルベル役のマイク・マイヤーズの存在感は素晴らしい。 歓楽街や繁華街などと呼ばれるところは、清濁併せのむ猥雑さがないと楽しくない。 有名なディスコナンバーを聞きながら、何故あのような場所に世界のセレブが集まったのか、想いをはせてみるのも一興。

閲覧数808