ここから本文です

八月のクリスマス (1998)

CHRISTMAS IN AUGUST

監督
ホ・ジノ
  • みたいムービー 45
  • みたログ 599

3.76 / 評価:186件

素晴らしい韓国映画

  • s07***** さん
  • 2019年6月29日 16時39分
  • 閲覧数 707
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

写真屋を営む余命幾許もない青年と、お客として
やってきた女性駐車監視員との淡い恋の物語。


本作は「恋」と、もう一つ「死」という二つのテーマを描いている。
この題材で人によっては「泣ける映画」を期待するかもしれないが、決してそこを目的としていないところがこの映画のミソだろう。

登場人物の感情を全面に押し出し、観客を強引に感情移入させる誇張したセリフもなければ情熱的なラブシーンもない。
描かれているのは死を間際にしても尚も人を想う男の優しさと、ささやかな女の恋心である。

特別なことは何も起こらないし、奇跡も起こらない。
実際に何処にでもいるごく普通の男女が織りなす儚い恋、されど二人にとっては掛け替えのない恋がそこにはある。
僅かに違うところといえば、まもなく男に死が訪れることと、女はそれを知る由もないということだけ。

物語の最後、彼が彼女に向けて綴る言葉にこの映画の全てが込められている。


本作を鑑賞して改めて韓国映画の質の高さを思い知らされた。
はたして現代の日本でこれと同等の恋愛映画を生み出すことはできるだろうか。
もちろん観た人の年齢や性別の違いでこの映画の評価は分かれるだろうし、通信技術の未熟な90年代だからこそ描けた作品であることは間違いないが、ここまで純粋に男女の精神的な繋がりにフォーカスし、それを繊細に且つ穏やかに映し出す恋愛映画はそう簡単に作れるものではないと思う。

最後に、この素敵な作品を紹介してくれた友人に感謝したい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ