ここから本文です

π (1997)

PI

監督
ダーレン・アロノフスキー
  • みたいムービー 106
  • みたログ 601

3.29 / 評価:127件

面白くはないけど・・・。

  • mr_***** さん
  • 2019年8月24日 10時35分
  • 閲覧数 177
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ダーレン・アロノフスキー監督の初長編映画にして出世作。

主人公マックス・コーエンは数学の天才。
マックスは「数学は万物の言語であり、すべての事象は数字に置き換えられる。 ゆえにすべての事象は法則を持つ」ということを仮定としてその法則を探し求めている。
株式市場にも法則があると主張するので、怪しげな連中が彼を利用しようと近づいてくる。
またユダヤ教の組織も(マックスはユダヤ人)ユダヤ教の教えの謎をマックスに解き明かしてもらうために接近してくる?

しかし、マックスには持病の頭痛があり、大量の薬を服用し、皮下注射を多用しているが、あまり効果があるとは思えず、だんだん正気を失ってくる。
ラスト、電動ドリルで自分でロボトミー手術は怖い・・・。

新人監督が世に認められるためには、このような誰も考えつかないような脚本が必要なのだということがわかる。
映画は白黒でしかも映像が荒い。 
なんらかのフィルターをかけているのだろうか。
それが、今見ても斬新なものを感じる。
見ていて面白い映画ではないけど、惹きつけられるものはある。
映画監督を目指している人は必見の映画かも。
当たり前の映画では、誰からも注目されない。

何度も観たくなるような映画ではないけどね・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 不気味
  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ