ここから本文です

π (1997)

PI

監督
ダーレン・アロノフスキー
  • みたいムービー 109
  • みたログ 621

3.16 / 評価:141件

碁、読書、金魚に逃げた!

旨いアロノフスキーは宵に食え

ということで、ひとりアロノフスキー祭の第二夜です!

数字の概念に取り憑かれた天才の至る場所、そこは神の領域なのか?

鼻血出るほどの幻覚シーンや、短いカットを繋いで見せる日常が、古典的でありながら斬新で、意外性に溢れていて凄い。耳に残る不気味な音楽と共に、「レクイエム・フォー・ドリーム」に継承されたのか!

216文字、黄金比、黄金螺旋、ダヴィンチetc 休むことのないマックスに恩師が声をかけるも、「あなたは碁、読書、金魚に逃げた!」と一蹴して、破滅的な道を辿っていく…目が離せない!

バカでよかったなと思う(笑)

これ、関西の映画ファンには伝わると思うけど、たまたまつけた深夜TV「CINEMAだいすき!」で放映されてたら、大興奮するタイプの作品。

全編モノクロ。浜辺の玉ボケシーンが特に美しかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ