こねこ

THE KITTEN

84
こねこ
4.2

/ 100

50%
30%
14%
3%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(28件)

かわいい28.6%楽しい18.2%切ない14.3%笑える10.4%泣ける9.1%

  • ric********

    5.0

    猫の演技がかわいい

    ねこサーカスの人が全面協力して作っているので猫の演技が自然でかわいい 子猫の一匹がボス猫になついたので、映画でもなつく設定にしたとか、長いものを引きずるのが好きな猫や、とにかく高いところに飛びつきたがる子猫がいたのでそういう演技を入れたとか、猫の性格に合わせて話を作っているので、映画全体のストーリーは少し散漫ですが、そのぶん猫が楽しそうに演技しているのでこちらも楽しいです 他のレビューで子猫が犬に襲われるシーンの話がありますが、あれはもともと脚本になくて、性格のおとなしい犬が子猫に近づこうとしたらボス猫が怒ったので、それを撮影して話に組み込んだそうです カラスも訓練されたプロです 子猫は何匹か撮影に使われていますが、全員スタッフの家の飼い猫になったそうです

  • oir********

    3.0

    しょーもないロシア版猫の恩返し(笑

    実写猫ファンタジー。米国映画なら見なかったかもしれないがソ連映画が猫をどう調理するのか好奇心からレンタル。 ※ソ連崩壊後の1996年作ロシア映画と視聴後に気づく せっかく飼い始めた子猫が窓から逃げ出し、トラックの幌の上に不時着し遠くに連れ去られ、そこから家族の元に戻るまでの冒険譚を描いたストーリ。 途中、猫好きの貧しいけれど優しいおじさんの家に子猫が保護されるも、ガラの悪い連中に立ち退きを迫られる状況。そのおじさんを救うために飼われている猫たちが大活躍!・・・ まぁ真剣に論ずるような作品ではなく猫を堪能するための映画。 微笑ましくなるようなシーンの他に、若干ネコには演技がきついような場面も見受けられはするが、動物愛護精神で動物たちが傷つくようなことなく撮影終了したと信じたい。 2.55の三ツ星

  • 10yan

    5.0

    主役以外の猫と登場人物が良かった

    こねこ以外の周りの猫。  主役の家族以外の男。  元々サーカスの猫使いの男の人を役者に使っている。そして、その人と猫との関係がいい。だから猫の演技がすごい。

  • rei********

    5.0

    ネタバレとにかく猫が素敵

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 柚子

    3.0

    猫好きおじさんに、涙涙

    ロシアのペット市場なるところで、一匹の子猫を買う アクシデントで、子猫ちゃん、迷子に… たくさんの猫に囲まれて暮らす、猫好きおじさんに拾われるも、おじさん、たいそう貧しい上に、立ち退きを迫られている たくさんの猫ちゃんたちの愛くるしさは勿論だが、生きて行くために雪の中、必死で餌を探すシーンは、不憫だ ドキュメンタリーならいいのだが、動物に演技させる行為の映画が、苦手 実際に、カラスにしっぽをかじられているし、ゆっくりなスピードとはいえ、トラックの荷台(それも、幌の上)に乗せられて、撮影されている 途中で、合成になったから、評価的には低くはしないけれど… メインは、裕福な一家と子猫の物語なれど、猫好きおじさんのエピソードに泣かされた 貧しく、一人ぼっちだけど、たくさんの猫に囲まれて、心はとても裕福なんだな 素敵なおじさんだ(*´∀`)♪

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
こねこ

原題
THE KITTEN

上映時間

製作国
ロシア

製作年度

公開日
-