ここから本文です

ノッティングヒルの恋人 (1999)

NOTTING HILL

監督
ロジャー・ミッシェル
  • みたいムービー 644
  • みたログ 7,473

4.08 / 評価:1912件

妄想話しだな。でもラストは最高。

  • izq***** さん
  • 2020年9月5日 12時28分
  • 閲覧数 419
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

女優にいきなりキスされるとかかなり無理のあるスタートだったが、最後の記者会見での告白シーンは最高だった。
女優の苦悩はよくわからんが、主役男の周りの仲間達がいい奴らばかりで、観ていても気持ちがいい。あと、グッとくるところでのセリフ無しシーンとか間の取り方が絶妙な演出。終盤はハートや涙腺に響きまくり。

話しはヒュー・グラント演じるタッカーが経営するしがない旅行書籍専門店に、ジュリア・ロバーツ演じる有名女優アナ・スコットが訪れるところから始まる。退店後に外の道端で二人は偶然ぶつかり、タッカーは飲み物をアナにぶっかけてしまい、着替えのために自宅にアナを連れてくる。着替えたアナは帰り際に突然タッカーにキスをして立ち去る。あり得んな。完全に妄想世界だわ。
後日タッカーの自宅にアナから電話があり、タッカーがアナのホテルを訪ねると、そこは記者がごった返す取材場。タッカーは記者の振りをしてアナと面会し、その晩のタッカーの妹の誕生日会にアナを招くことになる。誕生日会の尺が少々長いが、タッカーの仲間達がアナのこともとても自然な感じで受け入れていて、皆いい連中なのがしっかり描かれていた。そして最後の彼らの恋のサポートへの感情移入にもつながった。
タッカーは、誕生日会後の映画デートの後にアナにホテルの部屋に誘われるが、そこにはアナのアメリカにいるはずのハリウッド俳優の彼氏が突然来ていた。タッカーは傷心のままその場を去る。
タッカーの仲間達は彼を立ち直らせるため色々女性を紹介するが、乗り気になれないタッカー。そんな中、アナに過去のヌード写真流出スキャンダルが発覚。傷心のアナが身を隠すため突然タッカーの自宅を訪れ匿うことに。そして二人は結ばれるが、朝にはアパート前にはマスコミが押し寄せ、アナは逆ギレして別れを告げアパートを出て行く。
タッカーはアナのことが忘れられずにいる日々が続く中、またアナが撮影のためロンドンを訪れていると聞いてロケ先を訪ねてみる。ロケ先でアナと撮影後に会う約束をするが、アナの他の俳優との雑談で自分のことを過去の男だと語るのを耳にして、タッカーはまた傷心してロケ地を一人去る。
次の日にアナはタッカーの書店を訪ねに来て、イギリスに残って会い続けたいと言うが、これ以上傷つくのを恐れたタッカーはそれを断ってしまう。
タッカーは仲間達の意見を聞く内に、アナの気持ちと自分の愚かさに気がつく。このシーンもタッカーがアナの言葉を繰り返して、それを聞いた皆が何も言わずに呆然としてる演出は下手にセリフ使わずに感情移入できて凄くいい。結果タッカー自身が自問自答で自分の過ちに気付くという形。
そして仲間達のサポートでアナの帰国会見の場に乗り込む。会見場で記者の振りして、自分の気持ちを伝えるタッカー。それに応じてアナはイギリスに居続けることを答える。このシーンがこの映画の最高の場面。
最後は二人の結婚式、そして妊婦となったアナとタッカーが二人幸せに暮らす姿で終幕。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ