グッバイ・ラバー

GOODBYE LOVER

104
グッバイ・ラバー
3.2

/ 28

11%
32%
36%
7%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(6件)


  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    東京都西落合にある更生施設けやき荘という生活保護受給者が入居する施設では女所長を柳澤明美という人物が勤めていてこの人物の悪辣さは度を越えており (自分は事情があり、数か月入居したのだがそこでの待遇があまりにも悪かったのでこうやってネットで告発する事にした) 入居者の女性を馬乗りになり殴りつけ 「この被害をてめーが訴えたとしてもこっちが「いゃー、病人ってのは怖いねぇ、事実と異なる事をさも事実であるかのように吹聴して・・・」と言えば誰もてめーの 発言を信用しない」このような事を声を荒げて口にした後再びその発達障害と思われる女性の横面をはたき 「殺したって こっちは罪に問われない・・・うまく「病人ですからねぇ・・・暴れて押さえつけたら・・・」と言えば誰もこっちの発言を疑わない」 そう言うと固く拳を握りしめて発達障害の女性を殴りつけた。 更に「鬱病患者」ってのは、怖いねぇ「自殺しないんだから」その神経たるや・・・自分だったら 「精神科の敷居を跨いだら」自殺しますよ・・・どういう神経しているんだろう・・・あ、だから 「おかしい」のか・・・「鬱病患者」なんててめーでは「まとも」と思い込んでいるんだろうね・・・こっちからすれば重度と一緒「ガチキチって自覚もない連中」 「こちらからすれば「発達障害」の連中なんて「本物の狂人」社会に出てくるなよって感じ・・・ま、「この事実を自覚していたらまともだわな」健常者って立場の高い者と 同じ空気を吸えるんだからありがたいと思えや」 「就労移行事業所だって・・・笑わせるなよ「発達障害の連中の就労を支援」するだと・・・こいつら人間じゃーねーじゃねーか、そんな支援するから「ガチキチが付けあがる」「ガチキチを付けあがらせようってんだから「就労移行事業所」に勤めている人間なんて「立派な犯罪者」 このような罵詈雑言を常に入居者に対して口にしている。 当時困窮状態でスマホも所有しておらず、映像証拠も音声もないですが事実です。 西落合更生施設けやき荘の電話番号03-3953-8551 社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団 tswa-swc@beach.ocn.ne.jp 03-6666-1046

  • ike********

    3.0

    中盤から面白くなってくる

    女刑事が出てくるあたりで面白くなってきました。 最後は意外でしたw捕まえるんじゃなくて金かよwっていうw まぁそんなに仕事熱心な感じでもなかったですからね。最後ちょっと綺麗になってたのには笑えましたw 正直もうひとひねり最後にあったら面白かったのになー 2人のうちどっちか金を独り占めする展開だと思ってたんで、ちょっと残念です。 女刑事の元部下は最後までアホのままでした笑

  • npg********

    4.0

    サスペンス?ミュージカル!♪:)

    パトリシアが好きならストーリーとかつじつまが合わないとか 関係なくなく楽しめます★ 旦那の兄と浮気したり、そしてそのアル中の旦那も浮気してたりで、 なんかむちゃくちゃなストーリーだけど、パトリシアが可愛い! わかめちゃんスタイルでも、あの声がやばいんですよね~♥ 途中まではサスペンス感覚だけど、最後はミュージカルかってくらい あっさりさっぱりしてました★

  • カッチン

    4.0

    一ひねりあって面白い。

     この映画本当にいい人はベン(ドン・ジョンソン)だけ?!って感じ。 ペギー(メアリー・ルイーズ・パーカー)は別としてもサンドラ(パトリシア・アークエッド)もジェイク(ダーモット・マローニー)も挙句の果てには警官のポンパノ(エレン・デジェネレス)まで悪人・・・。アメリカ映画にしては結末がらしくない。。。 まぁそこがこの映画の面白かったところでもある。

  • gar********

    3.0

    やはり好きな女優P・アークエット

     P・アークエット演じるサンドラは  夫が大好きで「サウンド・オブ・ミュージック」の  音楽がお気に入り、慈善活動までするような良妻だ。  その反面、尻軽な女を可愛い声と笑顔で演じ  夫と保険金詐欺を企み計画殺人を実行するのだが・・・。     好き嫌いが分かれるタイプの映画とも思いますが     ストーリーは2転3転と進んでいき誰が善人で誰が悪人か  騙しだまされと考えながら観られたので・・・  割と面白かったと思います。    出演俳優のアクも強いです。   D・ジョンソン  D・マローニー  B・ギャロ  それぞれが個性ある役を演じていて  好きな俳優さんがいるのいなら楽しめるのではないでしょうか。  この作品のラストは結構好きかも!と思いました。

  • kak********

    4.0

    魔性の女をパトリシア・アークエットが好演

    ロン・ピアの処女作”グッバイ・ラバー”を「キリング・ フィールド」の監督を務めたローランド・ジョフィが 映画化した作品。 セクシーな魅力で男を翻弄するのは、「スティングマータ/ 聖痕」を主演のパトリシア・アークェット。 米TVシリーズ”マイアミ・バイス”のソニー役で一躍有名 になったドン・ジョンソンや「狼たちの鎮魂歌(レクイエム)」 のヴィンセント・ギャロなど豪華な共演陣が脇を固めている。 中でも、米TV界でハリス世論調査が毎年発表する”アメリカ で最もポピュラーなTVパーソナリティ”に2008年第一位に 輝いたエレン・ジェネレスの女刑事役が味わいがある。 また、「わが街」、「依頼人」そして「レッド・ドラゴン」等 に出演のメアリー=ルイーズ・パーカーも可愛い顔で女らしい 役かと思えば、サプライズが待っている。 殺人あり、裏切りあり、何でもありの世界を描きながら、物語 は十分見応えがある本格サスペンスで、主演のパトリシア・ アークエットを中心に複雑な人間関係が謎を深めている。 そして”最後に笑うのは誰だ?”と、まるで本格推理小説の様な 問いかけがキャッチ・フレーズになっているが、もちろん最後に 笑うのは、この映画を観終わった観客に決まっている(笑)

1 ページ/1 ページ中