ここから本文です

グッバイ・ラバー (1999)

GOODBYE LOVER

監督
ローランド・ジョフィ
  • みたいムービー 19
  • みたログ 89

3.26 / 評価:23件

魔性の女をパトリシア・アークエットが好演

  • hoshi595 さん
  • 2009年4月12日 4時53分
  • 閲覧数 739
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

ロン・ピアの処女作”グッバイ・ラバー”を「キリング・
フィールド」の監督を務めたローランド・ジョフィが
映画化した作品。

セクシーな魅力で男を翻弄するのは、「スティングマータ/
聖痕」を主演のパトリシア・アークェット。

米TVシリーズ”マイアミ・バイス”のソニー役で一躍有名
になったドン・ジョンソンや「狼たちの鎮魂歌(レクイエム)」
のヴィンセント・ギャロなど豪華な共演陣が脇を固めている。

中でも、米TV界でハリス世論調査が毎年発表する”アメリカ
で最もポピュラーなTVパーソナリティ”に2008年第一位に
輝いたエレン・ジェネレスの女刑事役が味わいがある。

また、「わが街」、「依頼人」そして「レッド・ドラゴン」等
に出演のメアリー=ルイーズ・パーカーも可愛い顔で女らしい
役かと思えば、サプライズが待っている。

殺人あり、裏切りあり、何でもありの世界を描きながら、物語
は十分見応えがある本格サスペンスで、主演のパトリシア・
アークエットを中心に複雑な人間関係が謎を深めている。

そして”最後に笑うのは誰だ?”と、まるで本格推理小説の様な
問いかけがキャッチ・フレーズになっているが、もちろん最後に
笑うのは、この映画を観終わった観客に決まっている(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ