ここから本文です

グロリア (1999)

GLORIA

監督
シドニー・ルメット
  • みたいムービー 20
  • みたログ 497

2.75 / 評価:150件

母性あるシャロンストーンが見られる作品

  • sin******** さん
  • 2020年6月11日 0時38分
  • 閲覧数 711
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

大分端折られていたでしょうが、本日の午後のロードショーで初鑑賞。

誰もが感じるようで既にレビューのタイトルにありましたが、氷の微笑のシャロンストーンはこの映画のどこにもいません。偶然出会った殺されてしまいそうな黒人の子供のために、大喧嘩になった悪い友達から逃げ回ります。その規模がマフィアと警察というような大規模なものでなく、家族同然の旧知の悪友から逃げ回るという規模に終わります。そのおかげか氷の微笑とは違い、終始よく喋る表情豊かなシャロンストーンを見ることができます。

“グロリア”と聞いてニキータやアサシンのような女性ヒットマン物語に期待してしまうと、まるっきり満足できない作品です。そればかりか勧善懲悪を訴えるような映画でも、まるでありません。主人公のグロリアは刑務所上がりではありますが言ってしまえば我々と同等の一般人で、とにかく内輪の小さな喧嘩騒動でエンディングまで行ってしまうところが斬新かつハートフルです。

子供もかわいく、よく喋るシャロンストーンが終始美しくカメラに収められている映画です。氷の微笑でシャロンに興味を持つことはありませんでしたが、この映画で俄然興味が湧きました。

結構強めのシャロンファンでない限りわざわざ時間を作ってまで観る映画ではないと思いますが、のほほほんと映画を観られる人には割とお薦め。シャロンの母性全開の映画です。

ただこちらのシャロン版はリメイクで、これの19年前に本家があるとのこと。

そちらの評価のほうが圧倒的に高い様子なので、本来ならそちらも見て評価すべきかな、とは思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ゴージャス
  • 恐怖
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ