ここから本文です

ミッション・スターダスト (1967)

...4 ...3 ...2 ...1 ...MORTE/MISSION STARDUST/PERRY RHODAN - SOS AUS DEM WELTALL

監督
プリモ・ツェリオ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 3

3.33 / 評価:3件

「宇宙英雄ローダン」シリーズ実写映画化!

  • 電動青りんご さん
  • 2009年1月6日 19時45分
  • 閲覧数 3392
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

 書店に行くと、ハヤカワ文庫の棚の前にいつも最新刊が平積みされているドイツの宇宙SF「宇宙英雄ローダン」シリーズ。もうハヤカワ文庫では354巻?まで出ていて、ギネスブックに載った世界最長の小説シリーズだそうです。
 私が初めてローダンを知ったのは中学生の頃で、日本版文庫本の挿絵を画集にした「依光隆画集 宇宙英雄ペリー・ローダンの世界」を買ったものの、当時既に文庫本が100巻を軽く超えていたため、既に読み始めること自体を挫折してしまいました。
 ドイツでは、複数の作家により毎週2本ずつ連載されているそうですね。
 ちなみに、挿絵画家の依光隆さんは他界してしまったので、その後は刊行済の文庫本のイラストをコラージュして新刊に使っている様です。
 
 さて、数年前にサントラ盤とミュージカル盤の専門店である「すみや渋谷店」(現在は実店舗を閉店して屋号そのまま通販のみ、楽天市場とYahoo!ショッピングに出店)にて“Perry Rhodan: SOS Aus Dem Weltall”というサントラ盤CDを見つけました(買わなかったら、すぐにメーカー廃盤になっちゃって、Amazonで中古がスゴイ値段になってます。曲数の少ないイタリア盤は普通に入手可能ですが)。
 それがこの映画だったんですね。
 イタリア・西ドイツ(当時)・スペイン・モナコ合作映画で1967年製作、サントラ盤のは西ドイツ公開題で、アメリカでは“Mission Stardust”、イタリアの原題は“...4..3..2..1...Morte”です。
 日本盤DVDは英語音声の字幕版で、題名は英語の“MISSION STARDUST”と表示されました。画面は横4:縦3のスタンダードサイズ。元の映画フィルムからはトリミングされちゃった様で、セリフを喋ってる登場人物の顔が隠れてしまってました。
 
 さて、「宇宙英雄ローダン」シリーズの序盤エピソードを映画化したというこの作品、原作者の1人(作品の生みの親)が、映画館から頭を抱えて出てきたという逸話もあるそうですが、私はなかなかよかったと思いました。
 まあ、特撮と言い、科学考証と言い、音楽と言い「サンダーバード」の時代の特撮映画ですから、どれもセンスが古いのは確かですが(アルコン人の宇宙船を吊ってる糸が見えたり、月面車のデザインが古風だったり、ロケット打ち上げ時に乗組員たちが上を向いて座るのではなくフツーに室内でバラバラの方向を向いて座ってたり、着陸船を出さずにロケットごと月に着陸したりと、アポロ宇宙船の常識すら浸透していない時代の作品……)、特撮ばかりで人間ドラマの薄っぺらな数多くのスペースオペラに比べれば、人間ドラマがしっかりしてて面白かったんですよね。
 単純な地球人vs異星人の構図でもなく、地球人の裏切り者たちとの戦いやピンチの描き方等がなかなか見事で、見応えありました。
 
 最初に月に行った後は、物語の主要な舞台が殆ど地球上になってしまうのはちょっと残念でしたが、地球上での宇宙船の特撮もなかなか力が入っていて、楽しめましたよ。
 主人公のペリー・ローダンはやはりカッコよくて、なるほど、最近の文庫本の人物紹介の肩書は「太陽系帝国大執政官」とかになってますが、この男ならそこまで出世するタマだと感じさせるものがありました。
 
 音楽は、何せ「スター・ウォーズ」以前の作品なので気持ちいいオーケストラではなく、安っぽいエレキギターがドンドロ鳴って、女声スキャットが「パッ、パ~」と入る様な曲が殆どでしたが、何となく「サンダーバード」の一部のエレキ曲みたいな趣や、1960~70年代の邦画の音楽も思い出して、微笑ましくなりました。
 
 とにかく原作小説は膨大な量があるので、映画がこの1作で終わってるのは残念ですね(グッキーとかいうネズミ形異星人キャラも未登場ですし)。続きがシリーズで観たくなりました。
 原作のハヤカワ文庫にも挑戦してみようかなあ?
 
 なお、日本盤DVD「...4..3..2..1...デス、ミッション・スターダスト」はAVANZ(アヴァンツ・エンターテインメント・インク)というインディーズメーカーから出ており、通常のショップではなかなか扱ってません。新宿のディスクユニオンか、メーカー直営通販(http://www.avanz.tv/ch1order7n2.htm)でどうぞ。
 メーカーのDVD紹介ページはhttp://www.avanz.tv/spdr00003v2.htmですが、担当者は「宇宙英雄ローダン」シリーズを知らない様です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ