ここから本文です

ドニー・イェン/COOL (1998)

BALLISTIC KISS

監督
ドニー・イェン
  • みたいムービー 2
  • みたログ 19

3.25 / 評価:4件

ドニーイェンの刑事cool

  • どーもキューブ さん
  • 2011年10月11日 17時20分
  • 閲覧数 463
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1998年、製作、アクション監督、主演監督ドニーイェン。

裏人気が上がってきつつある、新世代カンフースター、ドニーイェン。

ブルースリーの師匠、イップマンを演じたバック・トゥ・ザ・怒りの鉄拳「イップマン序章」

そしてドニーイェン監督作品で、ブルースリー処女出演作品「ドラゴン危機一髪」風なドニーイェンのスーパー高速カンフーリメイク「ドラゴン危機一髪97」

これに続く第三弾、またまたドニーイェン監督作品

ジャケットは、手元の銃アップ気味ナメの椅子に座るドニーという感じ。刑事物、そのなもcoolクール!またまたレイジングサンダーレーベル、バイタランティーノ。ビデオ鑑賞となりました。

イヤーこれは、なかなかの訳のわからなさだぞー、頭が痛いです。

まあドニーイェンの俺、俺映画、今度は監督、coolに画面にこだわった。

あと俺ショット満載みたいな

まさしくかっこつけcool刑事はみ出しモテキ激情派のような

訳のわからない映画でした。なかなかやなぁこの映画。

物語は、ドニーイェンは、どうやら訳あり退職刑事。そこに美人刑事。事件で出会うとある人物の因縁があるみたいなお話し。

ですが、全く不可解なスローモーションカッツや

謎めいた台詞言ったのに、次にはスルーで別展開みたいなのが多数

映像、色にまたまたこだわったcoolな映像しかよくない感じ。

正直カンフーは、無しにひとしいがちファイト。さながらガンファイトを指導したのかな?だけど全然棒立ちオオイシ、

なによりクールじゃない。いやクールだぞというアップは沢山ありますが、なんだかおなかいっぱいのアップに

カッコ悪いというのが残念。

物語のねじ曲げもいまだに理解不能。

リスペクトでベッソン「レオン」が言われてますが、さながらドニーの強引にモテキたい、はみ出し殺人デカみたいで、これは、

なかなかの 悪い作品です、 あっ言っちゃった!

多分これでドニー

監督コリゴリしたんじよないかな?

ドニーイェンの俺ってはみ出しクールデカ試しに是非どうぞ!

追伸こういうのがあったからこそ、今の大躍進があるんだとつくづく納得してきました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ