ここから本文です

ザ・ゲート (1987)

THE GATE

監督
ティボー・タカクス
  • みたいムービー 3
  • みたログ 29

2.89 / 評価:19件

少年時代の恐怖と冒険

  • baka neko さん
  • 2008年2月8日 4時02分
  • 閲覧数 514
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

決して傑作というわけではないですが大好きな映画です。というのも私は少年時代を舞台としたホラー映画が好きで特にそこへ兄弟愛や、はぐれ者の子供たちの友情みたいな要素が絡んでくるとそれだけで楽しめてしまうからなんです。そしてこの映画は正にそのど真ん中!なので話がご都合主義だったり小さくまとまりすぎだったりと欠点も多々ある作品ですが評価は少し甘めにしています。

あらすじ:ある朝、悪夢で目を覚ましたグレン(スティーブン・ドーフ。めちゃくちゃ若い!というかまだ小学生ぐらい)は引き付けられるように裏庭の大木の跡に向かいその穴の中で丸い石を見つける。その石は中が空洞になっており好奇心が沸いたグレンは親友のテリーとその石を割ってしまう。すると中から黒い粉が吹き出し近くにあった紙の上に文字を形作りはじめグレンは思わずそれを声に出して読んでしまう。それから彼の周りで奇妙なことが起こり始める。実はその呪文は宇宙が生まれる遥か以前に世界に君臨していた悪魔のいる世界との門=ゲートを開いてしまう呪文だった!それに気ずいたグレンと姉のアルそしてテリー等は少しずつ開いてゆくゲートを閉じようとする。

この映画はあらすじの通り大人はほとんど出てきません。あくまで焦点が当たっているのは前述の3人と数人の高校生でそれが効果的。こういうファンタジー色が濃い映画は大人よりも青年や少年達に良く似合います。彼らが様々な問題に直面し少しずつ絆が深まってゆくという定番の展開だけれどそれがまた感動的でワクワクしてきます。

そして「ロード・オブ・ザ・リング」でオスカーを受賞したランディ・クックによるこの手の映画に欠かせないクリーチャー効果もすばらしい出来でモンスターの種類は少ないながらラストに登場する巨大な悪魔は大迫力です。ただ画面のトーンがちょっと暗くてモンスターの姿がしっかり見れないのがちょっと残念。これは暗さを利用して合成とかストップモーションのあらを隠したり映画の雰囲気を作るためだと思いますがもう少し明るくてもよかったと思います。

映画全体の印象はダークな「ジュマンジ」といった感じです。普通に面白いと思うので興味のある方は是非御覧になってみてください。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ