ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

緯度0大作戦 (1969)

LATITUDE ZERO

監督
本多猪四郎
  • みたいムービー 9
  • みたログ 86

4.20 / 評価:31件

古き良き時代の映画

  • rat***** さん
  • 2016年10月9日 3時33分
  • 閲覧数 526
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 む~っかし、見た覚えはあるんですが、何しろ幼少の記憶なんで全然覚えてませんでした。ある意味、新鮮な気持ちで見れて良かったと思います。思いっきり楽しませてもらいました。

 まあ、確かに今のCGで何でもアリの時代にはあまりにもチープな特撮の数々です。ライオンもネズミも着ぐるみ感丸出しですし、潜水艦も見るからにミニチュアです。
 でも、そんな部分を気にさせない勧善懲悪のストーリー。見事な子供だましの展開です。
 昔はこれでよかったんだよね。変にいじったストーリーでなく、直球ど真ん中で誰にでもわかる話。いや~、ホンっと面白かった。

 ラストのオチとライオンの怪獣だけはなんとなく記憶の隅に残ってました。
 東宝のゴールデンコンビ、本多監督と円谷特技監督の作品ですが、このふたりはやっぱりゴジラかな。ほかの作品では、あんまり印象がない。って言うより、自分がゴジラ大好き少年だったから覚えてないだけかも・・・。

 この歳になって見直してみたら、この作品も十分面白い。映画が娯楽として、生き生きとしてた頃の一本です。

 日米合作ということですが、登場人物に外人がいるだけで、思いっきり日本の映画だった。まあ、セクシーな金髪女性が出ていたってところがプラスかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ