宇宙人東京に現わる
3.2

/ 30

17%
20%
43%
10%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(19件)

パニック19.2%不気味13.5%ファンタジー13.5%スペクタクル13.5%絶望的7.7%

  • gte********

    2.0

    つまらないが歴史的価値はある

    角川シネマ有楽町の妖怪特撮映画祭にて。4K修復がなされたようで、画質は各段にアップしている気がする。本作、劇場やビデオも含めて、観たのは今回が初めてなのだけれど。  岡本太郎がデザインしたヒトデ型宇宙人、日本各地に登場するフィギュアタイプはなかなか造形として良かったのだけれど、中に人が入ったコスチュームタイプは最悪! 今ならバラエティ番組でも笑えないレベル。  お話も変な間があったりして、かなりつまらない。実際、私が観た日も周囲の観客に途中から眠る人多数。役者さんも、熱演という感じでは・・・。山形勲だけがやたら目立っている感じ。  けれど、地球に他の星が衝突するという状況を提示したのは、日本では本作が初。アメリカの「地球最後の日」(1951)の二番煎じとはいえ、東宝の「妖星ゴラス」(1962)よりは6年も早い。星一つにしようと思ったが、歴史的価値を認めおまけで星二つ。

  • JUNJUN

    3.0

    感想

    パイラ人、良い宇宙人だな〜。 現代に現れてほしい。

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    2.0

    布の着ぐるみ

    当時は子供向け、今は往時を懐かしむ老人向けか。 情景をリアルだと思い込みながら見る物となる。 不気味さはあってもこの類の物にありがちのエグさは無く救いのある作りになってるので、視聴後感は悪くはない。

  • qaz********

    1.0

    東宝と比べると・・・

    月曜に、「大映映画DVDマガジン」を鑑賞しました。 残念ながら特撮は東宝と比べると見劣りがし、ラストも無理やりな感じがあります・・・

  • ver********

    3.0

    ネタバレ63年前の底抜け超大作なんだ!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


刈田とよみ青空ひかり/天野銀子(パイラ人)
川崎敬三磯辺徹
八木沢敏パイラ人第2号
見明凡太郎小村芳雄
南部彰三磯辺直太郎
フランク・熊谷天文台通信係
河原侃二高島博士
永井エミ子小村多恵子
小原利之天野健一
平井岐代子松田清子
斎藤紫香紳士を振った男
山形勲松田英輔
夏木章パイラ人第3号
目黒幸子磯辺徳子
泉静治酔客
谷謙一用心棒
杉田康新聞記者
津田駿二パイラ人第4号
原田該船員

基本情報


タイトル
宇宙人東京に現わる

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル