ここから本文です

宇宙大怪獣ドゴラ (1964)

DOGORA-THE SPACE MONSTER

監督
本多猪四郎
  • みたいムービー 4
  • みたログ 83

2.76 / 評価:34件

実体を持たないのはね

  • オーウェン さん
  • 2017年5月6日 23時33分
  • 閲覧数 590
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

宇宙生物ドゴラの出現によって日本の宝石が失われていく。
炭素が主食のためではあるが、政府は対策を練りドゴラへの攻撃を開始する。

怪獣映画なのにまるで印象に残らないのは、このドゴラが実体がないの一点に尽きる。
クラゲのように光の中でしか姿が見えず。
これによって特撮や、街を破壊するミニチュア描写などが小じんまりしてしまった。

その代わりに人間同士のアクションを増やしているが、怪獣映画に求めるものはそこではないんだよね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ