エスパイ

ESPY

94
エスパイ
2.9

/ 34

9%
9%
50%
24%
9%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(12件)


  • Obst

    5.0

    いいじゃないの

    1964年に「週刊漫画サンデー」に連載して、1974年に映画化。 小松左京の未来感は今ひとつ理解されていないと思うが、小松左京が由美かおる推しだったために、永久補完の映像ができました。 劇中、8回衣装を変える由美かおる。(裸体あり) 海外ロケのシーンと、日本の中のヨーロッパ風景を混ぜて上手に異国感が出てます。「高原にいらっしゃい」の八ヶ岳高原ヒュッテも登場。由美かおるはこのホテルに縁がありますね。 草刈正雄がとにかくナイーブなイケメンでキュンキュンします。 藤岡弘のワイルドな眉毛と、演技としてのカッコいいアクションは最高です。 変な倉庫で草刈正雄が閉じ込められて殺されそうになるけど、効率が悪い。そこに、車がドシャーンと入って来るのだけど、そこのアクションも見どころ。 1974年に映画館で上映した時は「伊豆の踊子」と二本立てだったという。 山口百恵ファンの中学生がこの映画の由美かおるの体当たりの演技を見た時は、きっと衝撃だったと思う。内容は覚えていないのではないか。 園子温の「みんなエスパー」が変なシモネタ満載なのは、きっと「エスパイ」を見た衝撃を映像にぶつけたに違いない。いや、知らないけど。 主題歌「愛こそすべて」 尾崎紀世彦 も、いいのですが、京 建輔の音楽が特にいいです。

  • her********

    4.0

    なかなかよろしい

    時代を考慮すれば、後半の畳み掛けるアクションの連続は素晴らしい。 ・倉庫内での銃撃戦 ・国際会議場?での崩落シーン ・ラストの超能力合戦 そして、 由美かおるの至宝の「おっぱい」。 これで文句なし。

  • pin********

    3.0

    小松左京のSFって、映画化するといつも…

    この『エスパイ』、超能力者のスパイ戦だなんて、最近のハリウッドでいくらでも作られそうな題材。 1974年に作っていたってことが素晴らしいではありませんか。 ただし、超能力の表現は何とも安っぽい。 それに、登場する超能力がほとんどテレキネシス(念動力)というのもおさみしい限り。 その点、筒井康隆の『七瀬ふたたび』なんかは、予知能力、透視、タイムリープ、そしてテレパスと、超能力者がこれでもかというほど出ていましたよね。 それでも『Xメン』が怪獣大会みたいだったのに比べると、SFとしてはずっと格が上って感じではあります。 それどころか、この作品、なかなかの本格SF+スパイアクションで、しかもお色気まで絡んで、なかなかのエンターテーメントだと思うんですよね。 …でも、いかんせん、当時の日本映画の限界だったんでしょうね。 いや、たぶん、あの時代、ハリウッドが撮ったって、こんなもんだったのかもしれません。 国際エスパー組織と言う割にはほとんど日本人。 しかもほんの数名。 対する敵の反エスパイ集団もやはりほんの数名。 とても世界的な野望を抱けるような組織とも思えんのです、…そして、その戦いもどこかピント外れのようなところが泣けます。 エスパイの面々、どこか漫画調の人が多いんだけど、草刈雅夫なんか何の役に立ってんだろうって気がします。 で、なんてったって由美かおるです。 市川崑の『火の鳥』を見たときには、彼女、火の鳥の生き血を飲んでるんだと思ったけど、本当は彼女は歳を取らないというエスパーなんだろうと思いました。 で、やっぱ、この映画…オッ○イぼよよんのシーンが一番なんでしょうね。(みなさんおっしゃるとおり…) なんだかんだ言って、実はそれだけの映画だったりして。 小松左京のSFって、あんなに発想豊かで面白いのに、どうして映画にするとこんな風になっちゃうんだろう。 ほんとうに、映画においては不幸な人なんだなと思います。 まあ、『日本沈没』(もちろん旧作)はヒットしたし、それなりに見ごたえはあったけど。 そうそう、冒頭のタイトル文字は恰好よかったです。

  • kom********

    2.0

    なつかしい~

    34年ぶりに見ました!当時流行った超能力者の映画です。12歳の時にロードショウで見て!たしか山口百恵の伊豆の踊り子と同時上映だったと思います。今だに由美かおるのヌードシーンだけは覚えていたのですが・・当時のオーバーアクションの藤岡弘を見ているとおもわず変身しろ!と思ってしまいますね~!草刈正雄や加山雄三(演技へただな!)若山富三郎とキャストはすごいが映画は退屈でした。見せ場はやっぱり34年たって今見ても由美かおるでした。かわいい~です。

  • abu********

    2.0

    おっぱいポロン

    世界を舞台にした壮大な迷作です。 観る前は超能力者同士の超能力対決を期待していたのですが、 そういう予想は見事に裏切られました。大半が銃撃戦に終始していて、 超能力は時折地味に登場する程度。目がキラ~ンと青く光るとか、 終盤の建物崩壊シーンとか、時代を感じさせる特撮を披露してくれます。 この時代の俳優さんは、みんな顔が濃いですね~。 超能力それ自体より印象的なのは、やっぱり由美かおるのおっぱいシーンですね。 ムーディーな音楽に乗って、悩ましい服装でなやましい踊りを披露したかと思うと、 変な黒人が出てきて突然おっぱいポロンですよ。なんじゃこりゃ!と。 たぶん制作者は、本当は超能力よりもこれが撮りたくて映画作ったんじゃないのって。 僕の超能力、第六感がピ~ンと来ました。

  • いやよセブン

    3.0

    小松左京のエロティックファンタジー

    とても面白い原作を特撮の東宝が映画化、由美かおるがヒロインということで劇場に足を運んだものだ。 国連のエスパー部隊が、若山富三郎率いる悪のエスパー軍団と戦う話。 善玉はちょっと暑苦しいがアクションにキレのある藤岡弘、自身の能力を自覚していない草刈正雄、そして童顔に素晴らしいプロポーションの由美かおるだ。 今見ても残念なのは、由美かおるという稀代のキャラクターを生かしていないことで、もっと色気のある撮り方が出来なかったものかと思う。 原作はもっと激しかった。

  • mal********

    3.0

    簡単に敵の罠にハマりすぎです。

    エスパー+スパイ、だからエスパイというタイトルになった東宝のSFアクション映画です。原作は日本が災難に襲われる原作を書き続ける小松左京の同名小説です。 ストーリーは超能力を持ったエージェント同士の陰謀と戦いを描いています。東宝映画らしい特撮がここでも堪能できます。藤岡弘や由美かおるのキャスティングは分かるのですが、若山富三郎がこういうジャンルの映画に出演しているのが異色かもしれません。なので、もう少しゴージャス感があってもいい映画だと思うのですが、途中で外国人キャストが吹き替えのセリフを話しだした段階で、一気にB級テイストが増した気がします。アイデアも面白いと思うし、映画自体のテンポも良かったと思うのですが、シリーズ化されることもなく終わったのはちょっと残念です。 由美かおるののヌードシーンは公開当時から話題になっていましたが、こう何度も劇中で見せられる(同じシーンですよ)と、結構気恥かしいもんですよ。

  • 三丁目坂道

    3.0

    キャストに注目

    とにかく,キャストに注目したい。 藤岡弘は眼力全開,由美かおるもあそこを全開。 内田勝正と睦五郎は,立場が逆になっているし,山谷初男はシャキっとしている。 超短波じかけの鐘の音を操作する面々には,「ウルトラ警備隊の参謀」が混じっている。 岡田英次と若山富三郎は,メイクにもめげずに熱演。 視覚効果は,あの頃としては善戦していると理解しましょう。 ただ,音楽が「必殺」そのまんまで芸がないのが残念。

  • ハタケ(B君(永遠の能條推し))

    3.0

    ネタバレ東宝特撮映画コレクションより

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jas********

    1.0

    肩の力を抜いて鑑賞して下さい☆1つ

    小松左京原作のSF映画。 世界の平和を守るエスパー集団と 世界征服を企てるエスパー軍団との 超能力者同士の戦いを描いた作品。 お話自体のスケールが非常に大きく、 当時の日本の撮影技術ではやはりかなり苦しい。 これだけギャップが大きいと、 逆に笑えてしまうから不思議だ。 まあこの手の映画で厳しい批評をしても意味がないので、 後は見所を探すということになる。 こんな映画があったのかとびっくりするのも良し。 チープさを楽しむのも良し。 出演者たちの若き姿を見るのもそれなりにおもしろい。 ちなみに私の見所は、由美かおるのセクシーシーンでした。

  • blu********

    3.0

    懐かしの日本映画のSF!マニア向けですが

    小松左京氏の原作の映画化だったと思います。当時、同氏原作の”日本沈没””さよならジュピター”などが映画化されてました。後の”復活の日”もそうです。本作は、小学生の時に最後の金田一幸助(当時はそう宣伝されてました。結局嘘でしたが・・)”病院坂の首括りの家”との併映で観ました。なかなか、大人版仮面ライダーの超能力アクションという感じで楽しめました。この年代でない方には古すぎ、予算少、物足りなくキツイでしょう。ですが藤岡弘氏、草刈正雄氏など若く弾けて演技しておりまたヒロインの由美かおる氏のヌードも楽しめます。よってマニア受け?する作品です。

  • ムービークリニック

    4.0

    ほし よっつ!

    公開当時見たとき、かっこよかったです。 現在のCGなんかないですから、見劣りしますが、超能力シーンはよかったですよ。 SFファンには、たまらなかった。

1 ページ/1 ページ中