ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

エスパイ (1974)

ESPY

監督
福田純
  • みたいムービー 7
  • みたログ 86

2.70 / 評価:27件

小松左京のSFって、映画化するといつも…

  • pin***** さん
  • 2013年5月18日 6時12分
  • 閲覧数 1635
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

この『エスパイ』、超能力者のスパイ戦だなんて、最近のハリウッドでいくらでも作られそうな題材。
1974年に作っていたってことが素晴らしいではありませんか。

ただし、超能力の表現は何とも安っぽい。
それに、登場する超能力がほとんどテレキネシス(念動力)というのもおさみしい限り。

その点、筒井康隆の『七瀬ふたたび』なんかは、予知能力、透視、タイムリープ、そしてテレパスと、超能力者がこれでもかというほど出ていましたよね。

それでも『Xメン』が怪獣大会みたいだったのに比べると、SFとしてはずっと格が上って感じではあります。

それどころか、この作品、なかなかの本格SF+スパイアクションで、しかもお色気まで絡んで、なかなかのエンターテーメントだと思うんですよね。

…でも、いかんせん、当時の日本映画の限界だったんでしょうね。
いや、たぶん、あの時代、ハリウッドが撮ったって、こんなもんだったのかもしれません。

国際エスパー組織と言う割にはほとんど日本人。
しかもほんの数名。

対する敵の反エスパイ集団もやはりほんの数名。
とても世界的な野望を抱けるような組織とも思えんのです、…そして、その戦いもどこかピント外れのようなところが泣けます。

エスパイの面々、どこか漫画調の人が多いんだけど、草刈雅夫なんか何の役に立ってんだろうって気がします。

で、なんてったって由美かおるです。

市川崑の『火の鳥』を見たときには、彼女、火の鳥の生き血を飲んでるんだと思ったけど、本当は彼女は歳を取らないというエスパーなんだろうと思いました。

で、やっぱ、この映画…オッ○イぼよよんのシーンが一番なんでしょうね。(みなさんおっしゃるとおり…)

なんだかんだ言って、実はそれだけの映画だったりして。


小松左京のSFって、あんなに発想豊かで面白いのに、どうして映画にするとこんな風になっちゃうんだろう。

ほんとうに、映画においては不幸な人なんだなと思います。

まあ、『日本沈没』(もちろん旧作)はヒットしたし、それなりに見ごたえはあったけど。

そうそう、冒頭のタイトル文字は恰好よかったです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • ファンタジー
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ