ここから本文です

怪談蛇女 (1968)

監督
中川信夫
  • みたいムービー 2
  • みたログ 7

3.00 / 評価:4件

季節はずれですが・・・

  • osugitosi さん
  • 2011年10月8日 1時13分
  • 閲覧数 581
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

もう10月で、肌寒い日々になってますが、
怪談ものをやります。
本当は中川信夫監督作品で3本立てで
夏場にレビューするつもりでしたが、
(2本まで実施)
この作品だけ延び延びになってしまいました。
すいません・・・

で、新東宝で数々の怪談ものを撮っていた
中川監督ですが、これは東映で撮ってまして、
時代設定も江戸時代でなく、
明治初期というのがポイントです。

タイトルの「蛇女」ですが、
これに「怪談」と付くのがミソでして、
「怪奇!蛇女」とか「蛇女の恐怖」とかだと
蛇女が大暴れするモンスター映画になりそうです。
しかし、怪談と付きますと、
そうはいかないのであります。

「四谷怪談」などを例に挙げるまでもなく、
昔からの怪談ものというのは、
因果応報の話であり、
悪事の報いを受けるという展開が
基本であります。
むやみやたらに幽霊などが暴れる物ではありません。
蛇女が人を襲いまくる恐怖映画を想像してはいけません。

悪い地主が、小作人一家を好き放題にしてしまい
死に追いやる。
そして、報いを受け、身を滅ぼす。
明治時代の設定でも従来の怪談ものの
パターンなのでした。

で~肝心の蛇女は?
出番が少ないのが不満です。
どんな出方をするかは見てのお楽しみ・・・

ヒロイン役の桑原幸子さんは
この作品の後、
「11PM]と双璧のお色気番組
「プレイガール」に出てました。
今で言うと、小池栄子を小型でキュートにした感じかな?
この「プレイガール」にはときどき
怪談のお話もあって、
中川信夫監督が撮ってる回もありました。
この作品が縁なのだと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ