ここから本文です

学校の怪談 (1995)

GAKKOU NO KWAIDAN

監督
平山秀幸
  • みたいムービー 16
  • みたログ 557

4.07 / 評価:131件

昭和時代の良さと懐かしさを垣間見れる作品

  • dadadasteady さん
  • 2020年10月10日 16時08分
  • 閲覧数 160
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

子供の頃に観て以来、数十年ぶりに鑑賞。

当時ですら「怖い」という感覚はあまりなかったような
記憶がありますが、やはり今観ても怖がらせることに特化した
内容ではなく、「怖さ」に対して立ち向かっていく
子供達(と一部の大人)の一夏の冒険と友情が、当時の文化や
風景を最大限活かして描かれているノスタルジー溢れる作品でした。

大人になってから観ると、怖いシーンはほとんど無く、
子供達のいちいち可愛らしい表情や反応、昭和時代の懐かしさに
浸れてずっとニヤニヤしっぱなしでした。

当時の小学生・大人の髪型やファッションや木造校舎の学校、
自分の幼少時代を重ね合わせながら観ると非常に面白いです。
話自体はツッコミどころも多々あるし、子役の演技力はお世辞にも
高いとは言えないものの慣れれば気にはならない。
様々な幽霊やキャラクターが登場し、どれもユニークで
さほど哀しみも怒りも悪意もなく微笑ましい。
(何故か くまひげさんの独特の存在感が大好きです)

怪談やホラーと思って観ると、時代の古さも手伝って
つまらなく感じるでしょうが、懐かしさに浸りたいなら
至高の作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ