河童

118
河童
3.7

/ 57

35%
25%
23%
7%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(16件)

泣ける20.0%ファンタジー20.0%切ない13.3%勇敢8.9%かっこいい4.4%

  • fun********

    2.0

    久しぶりに見直した

    初監督作品ということで、どうしても見せたいものを色々詰め込み過ぎたりシーンや感情の切り替えが唐突でちょっと付いていけないところがあったりしたが 陣内演じる駐在がすこし頼りなさげでややコミカルなキャラなので、あのシーンのギャップに活きてくる。あそこだけはちょっとグッときてしまった。 たて続けにアクリを見たら格段に映画の観せ方がうまくなっていたので驚いた。アクリ制作で色々あったようだが、もし3作目もつくっていたらどうなっていたかなとは思う。

  • cyborg_she_loves

    1.0

    私には退屈

     ひたすら退屈で、見終えるのに苦労しました。……とまあ、感想はそれで終わりなんですが、一方でこれだけ気に入って、感激する人もいるのに、私にはなんでそういう感激が訪れないんだろう、と考え込みました。  で、私がこの映画のどこが好きになれないか、思い返してみると、まずこの映像。  同じように山の中のひなびた村や、田んぼや、池などの映像を見ても、「なつかしい」と感じてうっとりする時と、ただ泥や、雑草や、カビや、ほこりや、汗のにおいだけが感じられて、「いやだな」と思う場合とありますが、私がこの映像から感じるのは、後者なんです。洗練されたセンスがない、っていうのかな。  私は妖怪伝説のたぐいはむしろ好きな方で、水木しげるさんの漫画とかいっぱい持ってますけど、妖怪はもっと正体不明であればこそわくわくするのに、こんなふうに「ぬら~っ」と物体として目の前にちゃんと現われられたら、ただ「きもちわるい」だけ。これ演出に問題あるんじゃない?  妖怪はあんまり正体をはっきり写しちゃ駄目だと思います。「エイリアン」の1作目なんて、あのエイリアン(妖怪じゃないけど)の全身の姿って、多分最後に1回、1秒ぐらいしか映ってないでしょう。ところがこの河童は、たしかに暗い画面ではありますが、全身をじ~~~っと、ていねいに写すから、体の「ゴム感」(作り物っぽさ)までありありと感じられちゃいます。  これがお好きな方は、たぶん、こういう田舎の風景や泥臭い生活感というのが好きで(幼児体験とかもあるのかな)、こういう河童の映像にも抵抗がない人なんでしょうか。  同じものを見ても感じ方って違うもんだなと、色々考えさせられました。

  • ys1********

    5.0

    どこがクソ映画なの?名作じゃん!

    石井竜也の「河童」と「ACRI」を観ましたが、 「ホントに評判悪いの?」「何でコケちゃったの?」と言うくらい、 いい作品でした。 特に「河童」は思わず泣きそうになってしまいました。 僕にとっては陣内のあの顔を見て泣きそうになった作品は おそらくこの「河童」が初めてだと思います(笑)。

  • qaz********

    3.0

    90年代らしさ

    上映時、新宿の映画館で鑑賞しました。 当時米米のファンだった私はあのカールスモーキー石井の映画として当時愛読していた「月刊カドカワ」などでの連載を読んでとても楽しみにしてました。 しかし、オープニングの藤竜也と角さんのシーンから混乱し劇中の40年代も陣内と二郎さんしか印象に残らずクライマックスも混乱したまま感動しました(笑)。 後に「河童伝説」(本作のサントラのベストにに石井が本作をイメージして書いた新曲を収録したアルバム)のライナーノーツを見て「テーマが早すぎた映画」と書かれて納得しました。

  • tatitukusumaegam

    4.0

    ネタバレTENに会いたくなる映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。



製作総指揮
藤竜也鈴森雄太
原田龍二戸田勇
船越圭佑鈴森雄太(8才)
陣内孝則鈴森勇吉
今福将雄鈴森喜助
浜村純国定忠治
車だん吉農家の男

基本情報


タイトル
河童

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-