ここから本文です

上映中

ガメラ 大怪獣空中決戦 (1995)

GAMERA: THE GUARDIAN OF THE UNIVERSE/GAMERA: GIANT MONSTER MIDAIR SHOWDOWN

監督
金子修介
  • みたいムービー 59
  • みたログ 890

4.13 / 評価:428件

ビバ!平成ガメラシリーズ!

  • ron***** さん
  • 2級
  • 2021年2月17日 17時36分
  • 閲覧数 171
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

宇宙の守護神ガメラと超遺伝子獣ギャオスの壮絶なバトルを描いた特撮怪獣映画。
本作品は、65年に「大怪獣ガメラ」として登場したシリーズの9作目にあたり、80年の「宇宙怪獣ガメラ」に続く14年ぶりの作品だった。
1995年当時の最新のSFXを駆使して、迫力の映像を展開。
監督は「毎日が夏休み」や今作以降の平成ガメラシリーズの金子修介。
脚本は「ネクロノミカン」の伊藤和典。
特技監督に「未来の想い出 Last Christmas」の樋口真嗣。
主演は「四姉妹物語」や「硫黄島からの手紙」の伊原剛志、「ゴジラVSメカゴジラ」の中山美穂の妹の中山忍、スティーヴン・セガールの娘・藤谷文子、小野寺昭など。
主題歌は爆風スランプ。
初回公開当時、封切り代表館である日比谷映画では、上映期間中「ガメラシアター」と館名を変更し、ポスター展などを場内で開催して話題を呼んだ。
怪獣映画が、95年度キネマ旬報ベストテン第6位、同・読者選出ベストテン第2位に入ったのも興味深い。
2016年7月2日より4Kデジタル復元版が劇場公開された。
今回のアンコール上映は2020年がガメラ生誕55周年で、Gプロジェクトの一環。
平成ガメラシリーズ第2作「ガメラ2 レギオン襲来」も2月11日(木・祝)より、「Dolby Cinema(ドルビーシネマ)」全国7館にて期間限定上映が決定している。
日本映画
配給は東宝
1995年作品
上映時間95分

平成ガメラシリーズ、大好きなんです。
DVDセット、持ってます。
Blu-rayは持ってないので、買おうかと思ってます。

もう「ガメラ 大怪獣空中決戦」が公開されて25年になるんですね。。。
私は、大阪・難波の南街会館で初めて観たんです。

1965年から始まる子供向けの「ガメラ」も好きでしたが、あくまで子供として観てました。
まあ、当時の「ゴジラ」と同じ目線で。
でも、この平成ガメラシリーズは違う。
ガメラとギャオスの誕生の理由、存在の意味、闘う理由がしっかり描けてます。
めっちゃ大人向けの怪獣映画です。
今後、第2作の「ガメラ2 レギオン襲来」、第3作の「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」はもっと、ガメラの存在理由が深く描かれます。
現代文明への警告のメッセージが強く現れています。
それに、「シン・ゴジラ」よりも20年も前に、怪獣出現の大災害による国家上層部の対応・対策の遅さもさらっと描かれています。

今作はSFXというよりまだ特撮という感じで、特撮好きな人にはたまらん絵です。
CGではないミニチュアの精巧度が半端ない。
めっちゃ萌えます。
良いところも悪いところも「シン・ゴジラ」など特撮の樋口真嗣作に引き継がれてるのが非常によくわかる。
何回観ても面白い。

今作もめちゃめちゃ面白かったんですが、個人的には「ガメラ2 レギオン襲来」でぶっ飛んで、第3作の「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」で初めて怪獣映画で泣いてしまうという尻上がりの面白さでした。
ただ、ツッコミどころはいっぱいある。
まあ、そもそも怪獣映画だしね。
なぜガメラは飛べるのか。
どういう原理で飛んでいるのか。など。
でも、そういうの含めて、このシリーズは傑作なんですよ!

今回のアンコール上映は、 4K HDRでDolbyCinema。
映像もめっちゃ綺麗やし、音響も凄い。
圧倒的な臨場感。
もう感動しかありません。
でも、1995年当時のSFXは今見ると正直まだチープなところも多い。
でも、今はない精巧なミニチュアセットはもうたまらんです。

と、ファンなの興奮してますが、女子向けの作品ではりません。
男の、しかも怪獣や特撮やミニチュア好きにはたまらない作品です。

ちなみに1965年からの昭和「大怪獣ガメラ」シリーズの湯浅憲明監督は平成ガメラシリーズに対して「あれではガメラ映画ではない」と批判しています。

■興行収入予想
興行的には、現段階では上映館数7館と期間限定ロードショー。
1月15日からのアンコール公開。
ガメラ生誕55周年Gプロジェクトの期間限定のアンコール公開なので、劇場の興行収入はほぼ考えていないでしょう。
もちろん、ベストテンにもランクインすることはありません。
本当の平成ガメラシリーズのファンしか動員できません。
最終興行収入は700万円と予想。

星4つ半(5点満点)
★★★★☆

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ