ここから本文です

ガメラ対大魔獣ジャイガー (1970)

GAMMERA VS JIGER

監督
湯浅憲明
  • みたいムービー 1
  • みたログ 113

3.36 / 評価:30件

♪赤い血ぃ~青い血ぃ~、道頓堀の~

  • Vampyros Lasboss さん
  • 2015年11月2日 0時49分
  • 閲覧数 364
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジャイガーとガメラの血が道頓堀の川面に映ってたかどうかはわかりませんw

さすがに、半世紀近く前の特撮映画はきびしかった(^^;
これよりずっと前に制作された『ゴジラ』はテーマが“行き過ぎた科学文明への警鐘”、はっきりしているので、最後まで飽きずに観られます。対して、本作のテーマは何?単に大阪万博のプロモーション?よくわからん…。
しかし、子供向けとして作られた映画なので深く考えないようにしますw
子供向けといえば、白人の考古学教授の一家が日本語の台詞なのは、製作者が子供向けに字幕は辛いと考えたからでしょうけど、父と子、母と子が日本語でしゃべってたのはすごく違和感ありました(@_@;)

本作は今、「大阪〈生きた〉映画祭」のうちの一本として、九条のシネ・ヌーヴォで公開されています。
元々、観客の年齢層が高い劇場ですが、子供向け映画なのに中高年ばかりで笑ってしまいました。
CG映像に慣れている今の子供には逆に新鮮さを感じて楽しめるような気がしますけど、映画館に連れてくる親もCG世代ですからね~w

映画のはじめのほうでは、本当に万博の宣伝かと思うほど開催期間だとかパビリオンの紹介など広報役の人が説明してます(^^;
まあ、この映画観て、自分が生まれてもいない万博の様子をスクリーンで見ることができただけでも良かったかな、とw

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ