レビュー一覧に戻る
吸血髑髏船

ZZZ

4.0

古き良き時代のホラー的日本映画

モノクロ映画である。従って、結構古い映画である。しかし、オールド映画ファンからすれば名優陣が軒を連ねている。先ごろ、残念にも亡くなられた入川保則さんもご出演されている。 雰囲気的には、石坂浩二さんのナレーションの無い”ウルトラQ”に、ちょっとアダルティーな要素を加味した様な感じ。話はさして難しい話ではないが、唐突に始まり、すさまじいテンポで進んでいくので、ツッコミどこ満載ではなるのではあるのだが、その暇すらない。よく観ていないと、途中で、”あれ?”と話が見えなくなってしまう。 時間も比較的短く、飽きなく観れる作品だが、タイトル通りの作品かは疑問。最終的に、故”天地茂さん”の「探偵明智小五郎シリーズ」の様なオチなので、ホラーの分野かというと疑問が残る。が、理論的に説明できない(されていない)場面もあり、明確に断言しにくい。強いて言うなら、トリックを究明しないサスペンスドラマというところか。

閲覧数830