レビュー一覧に戻る
キングコングの逆襲

キングコングの逆襲

KING KONG ESCAPES

104

カーティス

3.0

楽しいオマージュ作品

若き日の円谷英二は『キングコング』に衝撃を受けたそうですが、本作はそんな円谷英二のキングコングへの思いがひしひしと伝わる楽しいオマージュ作品に仕上がっています。 気合いの入った怪獣たちの着ぐるみに、名場面の再現(コング対ティラノサウルスやクライマックスの高所での対決など)と、オマージュの数々がとても楽しいです。とくにゴロサウルスは必見!恐竜を着ぐるみで再現しようとするとたいてい残念な出来になるのですが、ゴロサウルスは姿勢から皮膚の表現まできっちり作りこまれていて、着ぐるみっぽさをあまり感じさせない見事な出来栄え。コングとの対決シーンも、オリジナルの「コング対ティラノサウルス戦」の構図をまねしたり、やられ方が一緒だったりと芸が細かくてびっくりします。 あと個人的に良かったのは、コングが惚れる金髪美女枠がかわいかったこと。女スパイ役の浜美枝のインパクトには負けますが…相手がボンドガールじゃしょうがないですよね。 オリジナルと見比べるとより楽しめる作品だと思います。

閲覧数897